▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1082] [1081] [1080] [1079] [1078] [1077] [1076] [1075] [1074] [1073] [1072]
The Mark of Beauty …… 英訳すると、どうしても薄っぺらになっちゃいますが、
「美の壺」のことです。(訳でなく、いい英コピーを考えたいなぁ)

今週15日(金)のNHKの「美の壺」は富士山特集です。



4日発売の「ウイークリーステラ」(表紙は福山龍馬)に掲載されています。



私の作品「VOLCANDLE」(←造語の意味わかりますよね?)が出ます。
あ、私も。短いですが、富士塚を案内してると思います♪
★田代 博先生もご出演ですよ。

テレビガイドではこんなふう。




3チャンネル 22:00〜22:25です。ご笑覧ください。

……………………………………………………………………………………

【NHK 美の壷】
(本放送)教育 金曜日 22:00〜
(再放送)教育 月曜日(日曜日深夜)0:15〜
(再放送)BS2 火曜日 16:00〜
(再放送)BShi 金曜日 7:00〜
(再放送)総合 土曜日 5:15〜

コメント
本牧の富士塚(?)
有坂様 先ほど熱中時間の再放送を見ました。なかなかいいご趣味です。富士塚は品川の奴しか知りませんでしたが結構あるんですね。横浜に川和富士があると紹介されていたので今度行ってみようと思います。私の住んでいる横浜の本牧には本牧山頂公園の中に川和富士と良く似た塚があります。米軍から帰ってきたこの小さな(本牧)山が公園になるときに作られたのだと理解しているのですが、これも昔本牧が米軍に接収される前にここに富士塚があったとか言うようないわれがあるのでしょうか?たぶん関係ないのかもしれません。その富士塚もどきの名前は見晴らし山というのですが、実際富士も良く見えるし気分は富士塚です。
【2010/01/11 13:21】 NAME[URA] WEBLINK[] EDIT[]
きっと本牧富士ですね
URAさん
コメントありがとうございます!
私は行ったことはありませんが、「見晴らし山」と呼ばれる山は、富士塚の可能性が大きいですね。米軍に接収されたり現在は公園内にあることから、塚には富士山信仰のしるしはないかもしれませんが、そこからすぐ南側にある「本牧神社」に手がかりがあります。神社には、コノハナサクヤヒメも祀られていますし、今も富士講の石碑があり、富士塚も旧境内にあったそうです。その富士塚が今の見晴らし山かも?

ただし、かつての場所(旧名を本牧塙十二天)が現在の本牧和田とどのくらい離れているかによりますが。本牧にお住まいとのこと、もし古い地名がわかりましたら推理してみてください。古地図や「江戸名所図会」を見るのもヒントです。私もいつか訪れてみたいと思っています。情報をありがとうございました!
【2010/01/12 04:44】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリー
最新CM
[10/15 芙蓉庵]
[10/12 吉田 千秋]
[10/12 吉田 千秋]
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains