▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1209] [1208] [1207] [1206] [1205] [1204] [1203] [1202] [1201] [1200] [1199]
富士塚を下りた行者12人衆は、氷川神社の参道を歩き、



境内に設置された浅間神社の仮宮にて



もう一度拝みをします。昨年までは、全員正座をしていたとのこと。膝の痛みを訴える行者が増えたからだそうです。



先達が、お焚き上げのための種火を用意しました。いよいよです。



玉串の向こう側に置かれているのは、竹の箸。60cmほどの長さです。これでお札を挟んで、お焚き上げの火中に放つのです。



焚き上げていただく祈願札は、誰でも納めることができます。
私も願いをこめ、1枚書いてもらいました。

「行者が名前と願い事を読み上げるからね」
「ちょっと恥ずかしいな〜(笑)」



中央の松明に点火すると、乾いた杉の葉はメラメラと火を這わせあっという間に燃え上がりました。



「御願い上げ頼み奉る〜」

まず先達が、ヤマキチ講のお札を竹箸で挟み、読み上げてから火に投じます。



燃えたお札は、火の玉となって上空に舞い上がります。



先達につづき、全員がそれぞれ手に持つお札を焚き上げます。

「おんねがいあげ たのみたてまつる〜。ナニガシダレソレ〜」「おんねがいあげ たのみたてまつる〜。ナニガシダレソレ〜」「おんねがいあげ たのみたてまつる〜。ナニガシダレソレ〜」「おんねがいあげ たのみたてまつる〜。ナニガシダレソレ〜」「おんねがいあげ たのみたてまつる〜。ナニガシダレソレ〜」「おんねがいあげ たのみたてまつる〜。ナニガシダレソレ〜」

燃えた祈願札が高く昇れば昇るほど、願いが叶うと言われます。行者は心をこめ、力いっぱいお札の願主と願い事を読み上げます。















盛り塩は、火力を調整するためのもの。火に投げると少し弱まります。

それにしても、壮絶な火の力。容赦しませんというくらい、火はすべてを焼きつくす。見る者の、心の中の迷いすらも。

滝のような汗を流しながら、12名の行者は力強く願いを言霊に変えてゆく。その声は鈴の音と混じり、すごいパワーを生む。圧巻でした。お寺で護摩焚きを見たことがありますが、その時の何万倍もの感動を受けました。

顔を焼かれ、胸中の暗闇を焼かれ、気づくと私は放心状態になっていました。目から汗も出ていました。



全ての願いを焚き上げて、行者は火のまわりを一周し退場します。



戻って来られた行者のMさんが、
「ほら、こんなに熱くなってる!」
鈴(レイ)を私の手に触れさせてくれました。ずしりと分厚い金剛鈴は、熱と一緒に念を吸ったかのよう。

とにかく金属類はハンパでない熱伝導。同行のカメラマンさんも、カメラが熱くなっちゃって大変だったようです。(そちらの写真は次の本にて♪)

「それからこのお箸!!」
竹箸は、高熱によって彎曲していました。無理はありません。お札を燃やすため、箸ごと火の中に入れるのですから。

お疲れさまでした。離れていてもすごい熱でしたから、火の中に飛びこむほどの位置で読み上げをしていた行者の皆さんは、熱の痛みを体で受けていたのでしょう。それこそ行(ぎょう)として。

それにしても、見事にすべての祈願札を焚き上げられましたね。皆、天に向かって願いが届いたことでしょう。

「お札を書いた人は、自分の札が高く昇ったかどうかとても気にします。ですから、われわれも真剣になるのです」
35年間、このお焚き上げを司ってこられたS先達は、明治18年からつづくこの行事について、いろいろと語ってくれました。ありがとうございました。



人々が去り、静けさが戻った富士塚。
私の感動は、なかなかおさまりませんでしたけど。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains