▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1291] [1290] [1289] [1288] [1287] [1286] [1285] [1284] [1283] [1282] [1281]
ひとつ前の記事に、「琉球八景」の " 種本 " となったのは
「球陽八景 きゅうようはっけい」と書きましたが、



「球陽八景」は「琉球国志略 りゅうきゅうこくしりゃく」という
歴史書に添えられた、挿絵の中の「沖縄の8名勝の図」を指します。
場所はすべて那覇市内です。

「球陽 きゅうよう」とは琉球の別名で、今でも那覇市内で多くの
名称(会社名や学校名など)に残っており、市民に親しまれています。

さて、冊封使(さっぽうし)というのをご存知でしょうか。

中国の皇帝が、臣下(付庸国)の国王に、国として認めたしるしを
携えて送る使者のことです。

琉球国に来た使節団の回数は、1404~1866年の間23回にのぼります。

18回目(1719年)に来た冊封(副)使の徐 葆光(じょ ほうこう)が、
那覇の景勝地を「院旁八景 いんぼうはっけい」という漢詩にして
残しました。

その記述を元に19回目(1756年)の冊封(副)使周煌(しゅうこう)が、
編纂した「琉球国志略」(16巻17部門に及ぶレポート)の中に、
おさめられた挿絵が「球陽八景」だったのです。

(実際筆を取ったのは絵師でしょうが)
「『球陽八景』は周煌による」と言われるのはそのためです。

つまり「球陽八景」は中国人が描いた絵。
それを、北斎が見て「琉球八景」を描いたのです。

流れをわかりやすく書くとこんなでしょうか。

● 徐 葆光(じょ ほうこう)『院旁八景 いんぼうはっけい』(漢詩)

● 周煌(しゅうこう)『球陽八景 きゅうようはっけい』(挿絵)

● 北斎『琉球八景』を描く(浮世絵)

ちなみに、沖縄に行ったことのない北斎が、球陽八景を見たのは、
江戸時代、爆発的な琉球ブームがあったから。

1609年の薩摩侵攻以降、琉球から江戸城に使節団が参る「江戸上り」
が幕府によって義務づけられました。



約100人の使節が路次楽(ろじがく)を演奏しながら江戸を目指して
行進する姿は人々を惹きつけ、街道では見物人で沸き立ったそうです。

↓首里城祭で再現された路次楽です。


江戸上りは、徳川将軍や琉球国王が代わるたびに行われ(全18回)、
1800年代になると、江戸上りにあわせて多くの琉球関連グッズが
世に出ました。出版物も多く「琉球国志略」も江戸で刊行されました。

北斎は、その中の「球陽八景」を見て、1832年の江戸上りの際に、
「琉球八景」を制作したと言われています。

ずいぶん前置きが長くなりましたが、もう一度、
富士山が描かれているという3景をじっくり見比べてみましょう。

特に、左の「球陽八景」に注目。

 長虹秋霽 ちょうこうしゅうせい

 城嶽霊泉 じょうがくれいせん

 中島蕉園 なかしましょうえん

気づきましたか?
上2枚「長虹秋霽」と「城嶽霊泉」に富士山らしきものが描かれています!

しつこいようですが、「球陽八景」は中国人が描いたものです。

つづく。。。





Facebook あり〼

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains