▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[877] [876] [875] [874] [873] [872] [871] [870] [869] [868] [867]
去年の1月、富士塚めぐりのイベントをしました。
正月頃でしたので、「新春 富士塚ツアー」と題し、思いきりメデタいプランで4つの富士塚をご案内しました。総勢22人で、富士塚が初めてだという人が9割。でも、ランチを取ったりお話をしたり、とても楽しんでいただけました。



これは、流山富士を下山するみなさん。撮影した友人がいいショットにおさめてくれました。急勾配の斜面なのがわかるでしょう。空をうまく入れて迫力の1枚。ツアー写真のいちばんのお気に入りです。

さて、今日は自分の誕生日なので、ふたつのことをしようと決めています。ひとつは、親に感謝すること。もうひとつはクリエイティブに過ごすこと。そのふたつが自分にとっての一番のセレブレーションだからです。今いろいろ忙しくて制作が追っつかないですが、ちょっとでも新作(立体作品)のプランを立てたいと思っています。

分厚いスケッチブックにプランを書き(描き)込む時は、最高の気分。今からわくわくします♪


コメント
お誕生日おめでとうございます。
この世に生まれ出た日は自身を祝福すると同時に産んでくれた母、父に感謝する日でもありますよね。ともかくお誕生日おめでとうございます。益々のご活躍応援しておりま~す。
【2009/02/12 22:43】 NAME[マーブル] WEBLINK[URL] EDIT[]
嬉しいコメント感謝です♪
マーブルさん

昔は気づかなかった親への想い、年々フシギなくらい有り難いと思うようになってきました。感謝するところからすべてが始まると言っても過言でないような、いろんな想いがよぎります。

今日は、浦安のプロメテウス火山の近くを徘徊していました。まだ、ディズニーシーができると知らなかった頃、遠目に、少しずつ高さを増す山が富士塚に見えて奇妙でしたよ〜(笑)♪
【2009/02/13 02:25】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
春風
お誕生日おめでとうございます。密かにいつか芙蓉庵さんが情熱○陸に出演するのも楽しみにしてます。
【2009/02/17 08:33】 NAME[ひさ] WEBLINK[] EDIT[]
おいしい春風を味わってきました♪
ひささん

ありがとうございます♪ 誕生日はとても暖かく、汐風の混じる方へと出かけて来ました。散歩してるうち急に旅に出たくなって、ふとお気に入りの店(アウトドア用品やNational Geographicのバックナンバーが買える)に立ち寄りました。すると、ひささんに似た店員さんがいて、とても感じ良かったです。何だかフシギ。ひささんどうしてるかなーって考えていたのですよ。

情熱○陸ですか? いいですね。エンディングには、「いつか、南米の富士塚(聖なる山のミニチュアを造るというのは、日本だけではないのです)を訪ねたいっ!」なんて、夢を語るとか(笑)。
【2009/02/18 00:08】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains