▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[891] [890] [889] [888] [887] [886] [885] [884] [883] [882] [881]
ブログを更新する時間もないくらい、最近忙しく、ある作業をしていました。
それは追々書きますが、
疲労がピークだったせいもあり、うつらうつらにフシギな夢を見ました。

「富士塚を発見する」夢でした。

どうもこれは、以前も見たような夢です。
でも、夢の中でも「夢を見て出かけたら富士塚があった」という展開で、
夢の入れ子状態と言ったらいいでしょうか、ちょっと混乱するような夢でした。

夢の終わりで、これは早くメモに取らなきゃと焦っている自分がいました。
「場所はどこ?」「神社の名前は?」などと、目覚めかけながら。。。

起きてみたら、分析のしようがない。夢の中の記憶もこぼれていくし。
やっぱり夢は夢かな〜。
でも、フシギな夢で目覚めた余韻をしばし楽しんでいました。

そう言えば、このブログにも書きましたが、以前、勘だけで歩いていたら
実際、富士塚に出会ったことがあります。
後で結構有名だとわかった瀬崎富士のことではありません。
千葉県の町はずれの富士塚で、どの資料にも出ていなかったものです。
(郷土史にはあるかもしれませんが)



今朝目覚めた時、このショットを撮った時の高揚感が蘇ってきました。

その時私は、神社の脇の坂道を下っていました。
「富士塚ではないかもしれないけど、この地形には惹かれるものがある」
背の高い竹薮が覆い被さる暗い道を、転げるように走っていました。
前方の光だけ頼りに。





坂道を下りきって振り返ると、やはり小高い丘は富士塚のようでした。
神社はこの丘の上にあり、頂上の隅には富士講の石碑もありました。

先人の富士塚研究家に比べれば、このくらいはたいしたことではないでしょう。
本当に自分の足で、いくつも富士塚を見つけた方たちが知り合いに
いらっしゃいます。その御苦労は大変なものだったと思います。

私はいつも、風の吹くまま気のむくまま、で歩いているのですが、
夢の中のことがヒントになって、いつか本当に、富士塚にたどり着けたら
嬉しいなあと思ったりしています。
予知夢は過去、何度か見たことがあるので。。。

そうそう、今朝見た夢の中の富士塚は「東京都内」でした。
そして、「八幡」がヒントでした。さて、ホントにあったら面白いですね♪

ちなみに、この画像の富士塚のあったところも八幡神社でした。
また行ってみようかな。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[09/22 99416]
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains