▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1] [2]
 

小塚を富士塚にした時から、四方を玉垣で囲われていたらしいので、その塊はまるででっかい盆栽のようです。今となっては登拝禁止、監視カメラも設置された塚です。その樹木の向こうにこんな石碑がゴロゴロあるなんて、知っている人もあまりいないでしょうね。研究者だって「石碑は少ない」なんて書いてある。実はこれはほんの一部ですよ。逆に頂上にあるという石祠は見えませんでしたけど。

失礼しました。大昔から小塚(瑞光石はその中に埋まっていた)はあったそうです。この小塚が有名だったので、この一帯の地名として認識され、刑場の名前に使われたと思われます。その場所はここより500m南にあり、ここが刑場だったわけではないんですね。ふう〜。でも、後年、この塚を富士山に見立ててしまえってことになったんでしょう。今は解散していますが、丸龍講という富士講が、慶応元年(1865)にボク石を貼っつけて富士塚にしたようです。つづく。。。

唯一「富士塚」の名前が出てくるのはこの看板(と神社のサイト)の中で。江戸にふたつあった刑場のうち、小塚原(こづかっぱら)として有名なのが実はこの富士塚のベースなんです。もともと、ここより少し離れたところにあった刑場でしたが、のちにこの場所に移転して来て塚を作った。そして、塚の上にボク石を積み上げて富士塚にしたのがコレ。古墳が富士塚になったものは多いけど、これは特異な経歴です。神社があまり語りたくないのはこんなストーリーがあったせいかもね。もっとも、この神社ゆかりの文化的なイベントはたくさんあるから、それらだけでも充分人々には親しまれていますけど。

かなり古い狛犬に守られて、瑞光石(ずいこうせき)が寝ていた。富士塚を知らなくてもこの石は有名なようです。富士塚を見なくてもこれを拝む人は多いです。富士塚を……まいっか。でもこれは富士塚の裾野の端っこに乗っかっているのです。だあれもしらない(笑)。

まわりの人の水飴やたこ焼きソースがくっつかないか気にするくらいに、祭りのときはぎゅうぎゅうだったあの一角です。

そうそう、この感じ。目線はまっすぐ茂みの中へ吸い込まれます。

神社だというのに、何か俗っぽい匂いがするのは、祭りの余韻が残っているからでしょうか。いーえ、それだけではないです。いろんな事情でここは神様と文化と死と信仰が混在の異界です。でも狛犬の存在感だけは、こちら側に近いようでして。。。妙にホッとしたりしてね。

素盞雄(スサノオ)神社にて。天王祭で、神輿が帰還してきたのがこの本殿前。こんなところで神輿を左右に揺らしていたのか!と思ったらフシギな感じでした。だってこんな立派な狛犬がいて、その土台はたっぷりのボク石。ふふふ。この調子だと富士塚のクォリティーが楽しみです♪

またまたやって来ました。気になって。神社の外では、若い神主さんが、「天王祭」のポスターを「大祓い」のものに替えていました。
6/30は確かに大祓いの日です。富士塚のある神社では山開きをメインにしたりもしますが、ここではどちらかというと富士塚にふれないので(理由はありました!のちほどね)大祓いの神事を大きく行うことになります。少しずつ出しますが、いい神社ですよ。ここ♪


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains