▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1] [2]

山に向かう気持ちがムリなく集約されるいい方角だと感じるので、たぶんそうでしょう。

この塚は、富士講の神事として、ちゃんと登山をするようですから、「生きている」印象がありました。石碑の配置にムリはありますが、すべてを大切に埋めた感じです。再築をすると特にそうですが、新たに地中から発見された石を乗せ変えたりもします。地区の有力者が寄進したらそれも目立つ位置に置いたりします。当初の塚の姿は少しずつ変わっていきますが、それも富士塚の宿命。庶民のための塚ですから納得であります。

プラス、私は石の肌合いをよく見ます。草ぼうぼうの塚もあれば草木も生えないものもあります。下谷坂本富士のように、いかにも苔むしたイイ感じのものも好きですが、ここの「ほどほどに草が生えている」のも好きです。

そうそう、塚の背後に大沢くずれの表現がありました。浦安の堀江富士にある大沢くずれと全く同様の印象です。ここの講が千葉県市川市を本家とするのに関係あったのかもしれません。(推考するのは特に楽しいです)

さてこの後、船堀へと向かったのでした。

小御嶽の少し右上にありました。いい具合に元祖食行身禄の文字が刻まれていますが、「禄」が埋まっているのが残念です。まだ石碑はありますが、めぼしいところはそんなかな。以上。

小御嶽大神の石碑です。気にしない気にしない。。。あるだけでありがたい。

こちら側がなかなか立派。八行講の講碑とその奥上方に古〜い石祠があります。扉が閉まっていたので確認できませんが、位置からして小御嶽かと。。。その左側から別の登山道が始まります。

御嶽神社(小御嶽神社は別にあり)と浅間大神の石碑。ナゾだけどやり過ごす。

とりあえず、登ってみました。山頂はどうなってるのだろうと思いつつ。

40cm×100cmくらいの平ったい頂上がありました。ちょっと感動です♪ホントは頂上に立ってみたかったけど、背後のマンション住人の手前、撮影だけで即下山いたしました(汗)。

2週間近く前のことなので、記憶も次第に薄れてきましたが、画像さえあればなんとか思い出すことができます(笑)。
これは奥宮。頂上またはすぐ下に設置される祠です。扉が開いていることから、管理はわりとマメにされていると思われます。中のお札は、本物の富士山奥宮からのもののようです(私も持ってます)。てことは、講はやはり生きている!?

ほら、立派でしょう?とてもいい塚です。登山道も祠も石碑も立派。向かって左側にある大きな碑「浅間大神」のてっぺんに綺麗な鳥も止まってくれました。

豊田神社の社殿と倉庫の間に塚はあります。

下の石碑のあるのが、江戸川区瑞江にある下蒲田富士です。上蒲田富士からそう遠くないところにある立派な塚です。再築はされていますが、石碑の多いこと。講もたぶんまだ存在しているはず。ちょっと前に紹介した「ポータブル祭壇」を所有する団体であります。

しか〜し!

ここまで生き残ってこれた塚の保存は、教育委員会等の尽力により最近それほど憂慮に及ばぬとして、問題は隣接する宅地の環境です。もう悲しくなります。ビルの谷間に富士塚があるのはまだいい。ここは塚すれすれに裏のマンションが迫っている。塚に登ると茶の間が見えちゃう。ベランダも頭上にあるので、洗濯物が降って来てもおかしくない。てなわけで、ろくに観察もできまへん。うっかり歩き回っていると怪しい侵入者と思われます。新築ラッシュには気をつけよう。富士塚はなるべく早く行くべし!


カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains