▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
限られたスペースと建材であってもちゃんと富士はできる。



小御嶽大神の前の大きなボク石がいいカタチ!同じ山不二講の猫実富士の小御嶽の位置に全く同じバランスの岩があります。天狗像の背景に躍動感持ってたたずむ岩です。おそらくこれは天狗がいなくてもその存在を表わしたものでしょう。(私ならそうする!作る気持ちがわかるから♪)



上から撮った写真には小御嶽大神につづく道が見えます。さしずめお中道。人ひとりがやっと通れる幅だけど、このコンパクトさがいい。コンセプチュアルな造形にぐっときます。宗教家や研究者にはわからないでしょうが、アーティストの視点とはこういうところなのであります♪(笑)



そして、ちょっと引くと見事な烏帽子岩。大きな石碑の隣の赤い岩がそうです。「えぼし」と刻まれていなくても形だけで表現です。たまにありますね。



祠の左側(右側には大澤くずれ)に下山道があります。儀式をする際には人の流れが大事ですから、簡略化されていても重要な点です。この4段をくだって左折すると、古い年代の講碑が並べられています。




斜前面と斜背面からの図です。確かに、一見、築山として登る楽しみがなくて素通りされそうな富士塚です。でもそれぞれの岩に意味があり、またそのコンセプトがわかればこんな愉しいことはない。珍しい塚かもしれません。祠の前に立ち、全体を見下ろすと改めて実感できました。フラットな富士塚ですから、ある意味平面富士塚とも言えるでしょう。そこを歩きまわることで富士登山もできますからこれは究極です。小さな富士塚に出会ってもすぐ落胆しないでまずゆっくり観察が大事ですね。意外な喜びが湧いてきますから(ちなみにちょっと似てるけど稲荷鬼王神社にある西大久保富士のつくりは全く別)

てなわけで、私も自分の平面富士塚作品に会う為に、明日展覧会会場へ行って参ります〜。



小御嶽大神の裏には、昭和9年の文字があり、立派に飾りつけされていました。
あれ?これは5合目にあるはず、と思われますか?(笑)。



これは大澤くずれでしょう。あれあれあれ?



もう出しちゃおう。押切富士はこんなにぺったんこ!



でも、ただの石碑タイプの富士塚じゃあなかった。
ちゃんと登山気分が味わえるよくできた作りでありました。

検証はつづく。。。



これが亀岩と思うと、↓ほら猫実富士の亀岩によく似ている。



参照記事はこんな感じで。。。

リアル亀岩
大泉富士の亀
今井富士の亀
猫実富士の亀
五井富士の亀
亀岩大神

やっぱり亀かな。。。

稲荷神社の中に「押切浅間神社」あり。

鳥居が再建されたのは昭和50年代と新しいのですが、講自体は結構ふるいっ。



山不二講はひとつ前の「本行徳富士」と同じです。で、そこの石碑で見つけ気になっていたのが「高瀬」の文字。何だろうと思っていましたが、



ここで納得。高瀬元講の高瀬とは、この六代目先達の高瀬長左エ門さんのことだった。



さて、反対側には「小御嶽」が。

もうちょっとパーツ別に迫ってみます。。。


旧街道をてくてくてくてく。

やがて地理感がついてくる。

地図よりも、自分の感覚を信じて路地を選ぶと間違わない。

神社の入り口は異境へのいざない。この日も突然吸い込まれた。



しかし、富士塚はたいてい神社の奥にあります。

メインの神社に遠慮しながらひっそりと待っています。

だからこそ、たどり着いた時のドキドキ感。ワクワク感。

この写真からそれがわかるでしょうか?



「果たしてここにあるだろうか。。。」と。




カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains