▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1412] [1411] [1410] [1409] [1408] [1407] [1406] [1405] [1404] [1403] [1402]
千葉の初山なら、稲毛についても書かねばですね!

稲毛浅間神社の大祭は千葉ではかなりメジャーで、稚児行列が今も残っていることから、よそから移住して来た人にも「子供のための祭」だと認識されています。



有名なぶん、人出もハンパありません。JR稲毛駅~京成稲毛駅~稲毛浅間神社へ続く「せんげん通り」は、人でぎゅうぎゅうです。



屋台に混じって「房州団扇」を売る店もあります。



人波をすり抜け神社に到着。裏から入るとすぐに「小御嶽社」があります。



真っ暗でわかりませんが、石碑には山水講の紋が刻まれています。



実は山頂近くにも山水講の碑があります。別の日に撮影した画像を載せておきます。



頂上に登りきると、子供を抱いた参拝者が長蛇の列!



富士山の方角





 傍では「子育ての笹守り」専用のテントが設営されています。







このゴージャスなお守りは、お札や絵馬や吹き流しや鈴など、あらゆる縁起物が若竹にくくられていて、まるで七夕の飾り付けのようです。江戸で流行った「麦わら蛇」にも似ていますね。



実はこの笹守り、そこそこ歴史があります。

稲毛の海岸が埋め立てられる前(1950年代)の写真が残っています。
かつて「一の鳥居」は海の中にあり、大祭でのお祓いは鳥居の近くの祠で行われていました。大祭の時だけ、鳥居のところまで小舟を並べて臨時の桟橋を作り、その上を歩く人が笹守りを持っています。



現在の稚児行列もそれにならい、一の鳥居から正式な出発をします。





稲毛名物「小麦万頭」も売られます。



富士講の方たちは「浅間まんじゅう」と呼びます。(皿に盛り付けた画像は富士講講員の奥様のお手製です)



さて、おまけです。

現在、一の鳥居と二の鳥居は、千葉街道(国道14号線)で分かたれています。

二の鳥居

一の鳥居から二の鳥居を見る

そして、一の鳥居の足元にはこのお社。



上のモノクロ写真(1950年代)にも写っています。
ここからそのまま、200m海に向かって歩いたところ、団地の敷地内に、「浅間の泉」を発見しました。



現在は水道管が使われていますが、海中だったところなのに「泉」とはナゾですね!









Facebook あり〼

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[08/15 upliger]
[08/04 NormaBotideot]
[01/28 芙蓉庵]
[01/28 芙蓉庵]
[01/24 MASA]
[01/22 MASA]
[10/15 芙蓉庵]
[10/12 吉田 千秋]
[10/12 吉田 千秋]
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains