▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


三峰山の山犬ですかー。

こないだは招き猫がいたし。

そういえば狐だらけのところもあった。そこでは神主が困ってた(笑)。

富士塚を修復したって書いてあるのに、頂上のお宮は榛名神社です。

富士講と榛名講を兼任している氏子が、塚も使い分けているんだろうか。

大願成就の碑は富士山と榛名山と同居してるし。

御嶽講の築山は3か所ばかり見た事ありますが、榛名講の築山って。。。

登山道はちゃんとついてました。







最近、やることが同時発生し、多忙と暑さで疲れています。根をつめるタイプなので、休憩を取らずに延々と作業をしちゃいます。でもそれじゃいかん!と、気分転換に本屋へ行きました。

平積みになっていた「五月女ケイ子のレッツ!!古事記」が目に入り、手にとりました。コノハナさまが出てるかなーと思って。ほとんどの人は、この人の描く「脱力イラスト」を目にしたことがあるでしょう。

おかしくておかしくて立ち読みしながら肩を震わせていました。
でも読んでいるうち、あ、そうだ!と即帰宅したのでした。


こんな写真を撮っていたのだった!


あめのうづめのみことの石像です。あやしいです。聖母のようでもありヘンです。五月女ケイ子のイラストマンガを見たので思い出したのでした。

 
あめのうづめは、富士塚には関係ないのですが、(流山富士にはあったけど)

この富士塚の傍らにありました。


そうだった、そうだった、保木間富士の記事の途中だった!
最近行った、あんな富士やこんな富士のことは、また後日。。。



シュールな子供絵になごみながら、裏道を行きます。(これは富士塚には関係ありません。ちょっとカラフルな画像を入れたくなっただけ。笑)

伊興富士から1km余、竹の塚の東に隣接する西保木間というところにやってきました。渕江小学校の向こう側に神社があるような気がする。。。と目標を定めて学校の角を回りこみました。



ほどなくしてあらわれたのは保木間氷川神社。この神社の前の道は「流山道」といって、日光街道がこの保木間で分かれて成田山に続く道でした。西へ向かうと西新井大師に行きます。そんなことから、「成田道」とか「大師道」とも呼ばれたそうです。(そうそう、このまま東に進むと花畑につながり、素晴らしい富士山の絵馬があるという「花畑大鷲神社」もあります)ちなみに「流山街道」とは違います。



富士塚についての表記もない、静かな氷川神社の奥に行くと。。。ありました。富士塚、富士塚。



あれ?鳥居に掲げられていたのは「榛名神社」???




カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
リンク
カテゴリー
最新CM
[02/26 lolitaqe3]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains