▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
富士塚に出会うと、感謝の気持ちでいっぱいになります。

時折、富士塚めぐりをした人が、いくつ「制覇した」という言葉をもらしますが、とうてい私にはそう思えず、いつも「出会えてよかった」「御縁に感謝」と素直に思います。

すると、富士塚もそれに答えるかのようにいろんな表情を見せてくれます。秘密を明かしてくれることもあります♪ そんなことを心の片隅に置いておくと、富士塚めぐりも素敵なものになるのではと思います。

小さくてつまらないとか、移築を繰り返して価値がない、なんて言葉を聞くととても残念ですね。データやリストだけで判断していると、塚の魅力を見逃し、実にもったいない。今がどんな姿であれ、それを造った人の想いが一番大事。私はそう思っておりまする。



夕陽の光も弱くなってきたので、神社を後にしました。



子供達も下校の時間。



鳥居の両側には2本の高い木々。遠くからでもここに神社があるのがわかりますね。



隣の公園には、6体の仏様。背中を金色に染めて、下校する子らを見守っています。

まわりは畑だらけ。夕陽のかけらが目に焼きつきました。秋にどっぷりです♪
隣接するのは、気持ちのいい公園です。



公園側から、塚の側面を見てみました。



低いながら塚の形状です。でもこれは富士塚なのか、そうでないのか。

考えあぐねていると、地元の人々が何人も、稲荷神社だけでなく塚にもお参りに来るのに遭遇しました。中には、長い時間丁寧に手を合わせて拝んでいる人もいます。

しばらくすると、巾着袋を手に、各神様の賽銭を集めている人がいらっしゃいました。氏子さんでした。

「この塚にはいろんな神様が祀られているようですが」
「う〜ん。沢山あるけど、全部お参りする必要はないんですよ。自分が好きな神様だけ拝めばいいと思うんです」
「なるほど。ところでこれらの神様は、かつてあちこちにいたのをここにまとめたのでしょうか?」
「それはよくわからないのですが、以前稲荷神社の社殿を移動した際、この塚ができました。庭園ぽく作られていますが、いろんなお山の神様がいるでしょう?三峰山、妙義山、富士山、大山。。。」
「いろいろ拝めて合理的かもしれませんね!それにしても、たくさんの登山道がありますね」
「どこからでも登れるんですよ。あの奥が富士山です。富士山が一番高いからね〜♪」

私はこの塚が愛おしく見えてきました。講があってもなくても、史蹟の歴史が曖昧でも、現在拝む人にとってこの場所は貴重な聖地です。

この塚全体を富士塚とはとらえにくいですが、少なくとも、ボク石があしらわれた一隅は富士塚と言えるでしょう。

最後に振り返って、いとまごいしようとしたら、



富士塚の碑だけが、



輝いていました。



これはきっと富士山からのメッセージ!? 踵を返して、もう一度、登拝をしました。



実は、こういうことはよくあります。例えば、訪れた場所に日射しがなくしょんぼりしても、帰り際にこんな西日のギフトがあったりします。

自分がそこに来たのは何かの縁かもしれない。そう思ってしばらくその場にたたずんでみましょう。こんないいこともありますからね♪ 有り難い。
とにかく、右側にまわりこんでみます。

にしても、平べったい築山だなぁ〜。小さな庭園みたいです。



低い石段をゆっくり登ると、



大ぶりの溶岩がありました。やはりこれって富士塚???



二十三夜溝の石碑は、富士塚で見ることもありますが、先の月夜見神だって「月待ち」として二十三夜溝に関連あるし。。。

と思えば、



三峰神社もある。



大国様がくっきりの甲子講の碑。(甲子-きのえね-講は、大国神を信仰しています。大国さんは、インド由来の神様で、日本では「農業」「商売」の神として知られています)

その左に、



ようやく「冨士浅間神社」の碑。でもちょっと暗くて目立たず。

その左には、



大山阿夫利神社。



このあたりが頂上でしょう。冨士浅間神社のまわりだけ、ちょっと特別にボク石(溶岩)があしらわれています。それでも低い山。



大山阿夫利神社のところから、下山したところ。反時計まわりに歩いてみると、



手前には、水のない池がありました。石橋を渡ると弁財天です。

池の中にあったのが、



「冨士浅間宮」「四國弘法大師」「道了尊」「井戸側」
の建設に寄附した人々の名前。やはりここは、異なる神々の宿る場所?

つづく。。。
久しぶりに、初めての富士塚に行きました。場所は、千葉県新松戸の稲荷神社。



社殿の横に、小さな築山が見えてきました。ホントに富士塚?



月夜見神ですって。アマテラスの弟ですね。奥にも色んな神々が!
う〜ん。どうなっているんでしょうか。ここは。

つづく。。。


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains