▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1329] [1328] [1327] [1326] [1325] [1324] [1323] [1322] [1321] [1320] [1319]

社から上は、道はありません。
右下の池の脇から登れそうな感じはありましたが、
どうやらそこにも道らしきものはなく。。。

もう一度MAPを見てみます。



一旦車道に下りて来てから、すぐ脇の登山道をチェックします。



自転車を止めて、蛇行する道に入ると。。。



え?この巨岩は???



ひとつやふたつどころではありません。
長さ1〜2mもの大きな岩が、登山道に並べられています。
これはいったい。。。

自然石ではあるけれど、どう考えても山の上から転がってきた
とは考えにくい。道を阻むような置かれ方です。

とはいえ、人為的にも運べなさそうな(かなりの勾配でもある)
このおびただしい巨岩群はいったい何?
誰がここに置いたのか??? ナゾです。

登って来た道を振り返る。



自転車が下に見えます。
まだそれほど登って来ていないのになあ。
山の上には奥宮があるらしいので、確かめたい。
先を行きたいなあ。

それにしても、これは何の意味があるのだろう。
行くなということか。

どうしよう。巨岩を間をぬって上に進むべきか?



一つ目の折り返しの手前から上を眺めました。
先の登山道が見えた。どうやら上にも巨岩はありそう。

しばらく悩んだ挙げ句、
今回は先に進むことをやめました。(またトライすればよい)

通常のスタンスは 好奇心>多少の困難 でよいのですが、
現場で少しでも何かに妨げられている感じを受けたときは、
知りたい欲求<土地と自分の縁に従う を守ること。
これができなければ、聖地を訪れないほうがいいでしょう。

今回、特別イヤな感じは受けなかったけれど、
奥宮との波長が合わなかったと判断するのは正しいです。

道を引き返すことにしました。(目的地もあとふたつ)

つづく。。。





Facebook あり〼

コメント
不思議な自転車
自転車がおもしろい図柄!
【2012/12/31 13:33】 NAME[秀狂] WEBLINK[] EDIT[]
ゆるキャラだよ♪
足利市の「たかうじ君」。
市の貸し自転車だったからね〜。
【2012/12/31 21:20】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
本日足利探索行ってきました
お久しぶりです、ROUTE5のMASAです。
午後から熊谷で仕事があったので午前中に足利の富士塚・浅間神社探索に行ってきました。

私も上まで行ってみようかと思いましたが、胸まである深い藪と、前日までの大雨で危なそうな崖があったので、同じ1つ目の折り返しで引き返してきました。

すぐ近くに住んでいる人に聞き込みしたところ、子供の頃はよく登っていたとのことで、山頂に祠があったそうです。それを下に移設したそうで、山頂には祠が残っているかどうかは不明だそうです。

また縁があれば訪れて探索してみたいです。

今回、市内23箇所探索してみましたが結果は散々でした。多くの所が塚山もなく、無銘の石祠で特定できない場所がありました。
【2014/06/09 21:34】 NAME[MASA] WEBLINK[URL] EDIT[]
私も再訪したいです
MASAさん、こんばんは。

そうですか。やはり登れなさそうでしたかー。
それにしても、あの巨岩群はナゾが残ります。
ずっと気になってます。私もいつかまた行ってみたいと思っています。

23か所も探索したのですか?すごいですね!
【2014/06/11 01:42】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains