▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
暑い日は。。。外に立っていられなくて


木陰ににげる。でも、この土の盛り上がりが富士塚ではなく、


向こうに見える、あれ。


そう、これ。この大きな山が荒幡富士。


浅間神社のまわりをまだうろうろ。焼け付く登山道を躊躇してると、親子連れがやって来た。「こんにちは〜」


社殿の影に入る。またですかー。


空が遠い。でも太陽は近い。


社殿の脇に今年できたばかりの鳥居がまぶしい。ここが登山口。あ、お先にどうぞ。


高い山だ。車がおもちゃのよう。


山頂には石祠がひとつ。太陽ギラギラ。このわずかの影ににげこめ。しゃがむのだ。え?どこ?


この影。


すっくと立つとこんな具合にすごい眺望。。。


 地元で「どろっぷじ」と呼ばれてます。そう、泥の富士山。人の手で土を運んで作ったからです。この村には富士講はなかったそうな(近くにはあったけどね)。昔、隣の土地(西武によってゴルフ場になってしまったとこ)に浅間様を祀ってた小山があって「元富士」と呼んでたけど、講ではなかった。御嶽講とかはあったそうですが。

 で、この荒幡村には4つの集落があったそうな。ひとつの集落にひとつの神社がそれぞれにあった。ところが、明治政府がひとつの村にひとつの神社にしろって言うんで、無理矢理合祀されることになった。最初は神社だけここ(松尾神社の場所)に集められたけど、だったら富士山も移すべと、元富士も引っ越してきたわけです。でもただの引っ越しではない。15年もかけて延べ1万人が動員されてこんなにでっかい富士山にしてしまった。やることがデカい。標高にすると120m近くあります。

斜面をよ〜く見ると、他の神社の石祠(三島、氷川、神明、松尾)がぶつぶつ乗っかっていますよ。

明和6年の築。手に持つものは鍬や穀物。なぜか刀は刃のほうを持ってる。千手観音かと思ったら、頭にとぐろ巻く蛇を乗せてるから……青面金剛でしょうか。優しいけど。でも違うよな。座っているし。裏には「待供養」とあります。


武州入間郡荒幡村……
お山開きのレポートがまだまだ残っているというのに(あと、駒込、品川、八幡宿)ちょっとタイムリーだったので、割り込み記事です。

石碑の左に何か見える!

右に寄ってみる。ほら白いものが。ではズームで♪

やっぱりそうだ。一輪のユリ。鮮やかな白です。

昨日7月12日、埼玉県狭山丘陵にある「荒幡富士」に登ってきました。富士山のある「市民の森」を管理しているスタッフの方から「第一発見者ですよ♪」と言われて嬉しくなっちゃいました。今年の百合の開花のことです。登る前に「開花は明日以降でしょうね」と聞いていたのでした。


こんな姿のお山です。日傘をさす人ともうひとりが下山していますが、その少し右下に大きな石碑が見えます。百合は石碑と植込みの間に咲いていたので、下からは見えません。ちなみにこれはヤマユリ?オニユリ?

荒幡富士については後日くわしくね。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[08/08 Michaelovali]
[08/04 Albertslots]
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains