▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1417] [1416] [1415] [1414] [1413] [1412] [1411] [1410] [1409] [1408]
葛飾北斎が描いた冨嶽三十六景の一枚「登戸浦」。
内房の千葉湊から眺めた富士山を描いたものです。



富士山をまたぐ鳥居は、海岸沿いの「登渡神社」のもの。神社名は「とわたりじんじゃ」ですが、登戸(のぶと)という地名から、地元の人には「のぶとじんじゃ」で呼ばれています。



千葉市中央区は、埋め立てが進み、現在の海岸線は遥か沖にありますが、明治時代はまだこんなでした(白黒マップ参照)。高低差から、神社が崖の上にあるのがわかりますね。



もうひとつ、松井天山の描いた「千葉市街鳥瞰図」(昭和2年)にも、「登渡神社」が描かれています。



ということで、「登渡神社」に行く。







境内社として浅間神社はあるものの、富士塚は見当たらない。



やっと見つけた石碑2基。富士山の方角に向かって立っています。





ひとつは「浅間大神」、



もうひとつは、「登渡富士講」と刻まれていました。





でも、あると思っていた山水講の文字はなく、三峰に九曜紋(千葉氏の信仰は妙見大菩薩です)があしらわれていました。

富士塚を探しながら社殿裏の山を観察。よく見ると、社殿と裏山の境目に多数の石碑があり、「富士嶽大神」の文字が目に入りました!



富士塚に建っていたものに違いない!!



神社の方にたずねると、2年前の改修時まで裏山は開放していたとのこと。山の上から浅間神社の社を境内に降ろし、その際に、講碑をコンクリートで埋め固めたらしい。

許可をいただいて撮影しました。小御嶽神社や烏帽子岩もあります。





裏山にも入らせていただきました。石段を登りきると、遥拝を目的とするような頂きがありました。山頂に山水講の文字が刻まれた碑があるはずですが、急いでいたので撮り忘れました。残念!



「登戸富士」と呼べると思います。北斎がもう少し広範囲に描いていれば、この作品「登戸浦」にも富士塚が入っていたのです。

ちなみに、現在山水講はありませんが、「登渡神社富士登拝の会」が毎年富士登山をしています。現在の富士講(=登渡富士講)と言ってもいいでしょう。富士塚は彼らが受けついだわけですね。

★北口本宮冨士浅間神社のサイトには、千葉市の「登渡富士講」が「現在も活動している富士講」として載っています。









Facebook あり〼

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[09/15 芙蓉庵]
[09/09 吉田 千秋]
[01/28 芙蓉庵]
[01/28 芙蓉庵]
[01/24 MASA]
[01/22 MASA]
[10/15 芙蓉庵]
[10/12 吉田 千秋]
[10/12 吉田 千秋]
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains