▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1324] [1323] [1322] [1321] [1320] [1319] [1318] [1317] [1316] [1315] [1314]
足利の富士山信仰の途中ですが(琉球八景に至っては甚だしく中断しています)、
哀しい割り込み記事です。



私にとって、富士塚と富士山信仰を語るには欠かせない存在、
横浜の丸金講神奈川講中の岩岡春吉先達が、先日逝去されました。

先達は、神奈川講の最後のおひとりでした。
長年にわたり、富士登山および富士山での神事をされていて、
横須賀の丸伊講の齋藤義次先達と共に、現役の先達としてよく知られた方でした。

地元では、「横浜七富士参り」を毎年続けられていて、
私も七富士参りを先達についてまわらせていただきました。
このブログ内でもレポしましたが、拙著「富士塚ゆる散歩」に
その時の様子を掲載させていただきました。(p181〜201)

先達の拝みは、いつも穏やかに心に滲み入る、ありがたいものでした。
先達の思い出話は、温かみがあり、どこか日本の原風景を思い起こさせました。

私にとって、難しい本を読みかじるより先達のそばにいるほうがずっと
富士山信仰を身近に感じることができ、そして多くを学ばせていただきました。

先日、先達にお別れをするため、横浜に向かいました。
夕暮れでした。
京急本線の電車の中で、私はずっと下を向いてうなだれていましたが、
新馬場の駅を出たあたりで、なぜかふと窓の外が気になって振り向きました。

西南の空には、
今まで見たこともない大きな富士山のシルエットが浮かんでいました。
驚きました。
よく知る路線なのに、その地点で私が富士山を見たのは初めてだったのです。

それは、先達が私にくれた最後のギフトのような気がして、胸がつまりました。
その時の光景に、先達の姿が重なって見えたので、画像を作ってみました。
今は、重い足を引きずることなく軽やかに富士山を登っていることでしょう。

先達、ありがとうございました。そしてお会いできた御縁に感謝しています。
ご冥福を心からお祈りいたします。

★来年の6月1日は、私と同じ想いでお別れをした数人の仲間と共に、
先達に代わって「横浜七富士参り」をさせていただく予定です!






Facebook あり〼

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains