▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1] [2]

本殿の奥に進むと、濃い樹木につつまれた別世界が広がっていました。高さ2mほどの小さい塚が、大切に守られている感じがしました。その空間は木々が息をしている豊かな森でした。「登山講」という、明治には絶えてしまった富士講によってつくられた塚ですが、他にはない特殊な印象を受けました。通常、講が解散すると、所有者の神社もそれほど管理に力を入れません。荒れない程度に掃除はしますが、やはり「無人」の虚しさはぬぐえないのです。しかしここは、無人ながら生きている!?看板を立てたり白い鉄柱を埋め込んだりしているのに、何かの息吹きを感じるのです。なぜだろう。。。

日枝神社の本殿です。ガラス戸の巴の摺り模様が美しかったので撮影しました。普段はなるべく社殿を撮らないようにしているのですけどね。社務所は改築工事中。あんまり現代的にしてほしくないなぁ、と思いつつ、富士塚登拝に本殿の左奥へと向かいました。

ここは船堀。日枝神社。私はずっと境内でしゃべってばかりいることになるのでした。なぜかというと。なんだか楽しかったから。

んなわけはありませんが。公園の何気ない築山が視界に入ってもギョッとします。船堀富士への道すがら。これはただの公園ですが、この築山の設計者が富士塚を意識してないとは断言できません。だって、この辺も富士講の盛んな土地であります。それはまた追々に♪


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[04/01 Marlingow]
[03/31 LutherSon]
[03/31 AndrewSom]
[03/31 JustinTax]
[03/31 KeithPex]
[03/31 vsemebeilm]
[03/31 muxgbkttc]
[03/29 skorneSeaws]
[03/28 myxbtjque]
[03/28 Frankdiz]
[03/27 BobbyTem]
[03/27 TerryNaice]
[03/27 クロムハーツ スウェット スーパーコピー]
[03/26 GeorgeRah]
[03/25 MichaelRiX]
[03/25 RichardArren]
[03/25 Harrypreob]
[03/24 HallwayGarne]
[03/24 Danielrap]
[03/24 LouisFer]
[03/23 Jacquesrab]
[03/23 MiguelMaype]
[03/23 Kennethbor]
[03/23 Larryvof]
[03/23 KeithPex]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains