▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
江戸川区の「平井諏訪神社」は、こじんまりとしてとても温かみのある存在感。地元に愛されているのが伝わってきます。



年初独特の清々しさの中、境内に入ると、富士塚も正月の飾り付けがありました。







この富士塚は「平井富士」。小さいですが、奥宮と小御嶽神社がふたつの山を成しているかのようで面白い構造です。















絵馬堂があります。昔の絵馬(奉納する大型絵馬)には、参拝・参詣する群衆が描かれたものが多いですね。











丸富講(と在郷軍人團)が奉納した絵馬が掲げられています。向かって右側、縞柄の着物を着た人たちが富士講です。

拝む先には富士山の姿はありませんが、雲に乗った御幣が見えます。富士山を拝むとか富士登山の安全祈願ではなく、大正天皇の病の快復を願う絵馬だったからだと思われます。



丸星講による築造とされますが、丸富講の関与がどうだったのかはよくわかりません。奥宮の石祠には「大正9年」築造、小御嶽神社の石碑には「大正7年」と刻まれ、絵馬は「大正2年」の奉納です。

塚を築いた丸星講と、塚を持たなかった丸富講が合同でこの富士塚を管理するようになったのでしょうか。少なくとも、この富士塚ができる前から富士講(丸富講)の活動は活発だったわけですね。(丸星講は多くの塚を江戸川区に造っています)










Facebook あり〼


カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
カテゴリー
最新CM
[06/24 Robertson]
[06/22 Robertkic]
[06/20 Ahmedroops]
[06/17 EdwardNaf]
[06/17 Joshuatut]
[06/15 Robertjaf]
[06/12 Dariustes]
[06/11 DennisDop]
[06/10 Williamflali]
[05/31 BorisCat]
[05/31 Williamdeary]
[05/31 Williamdeary]
[05/31 Williamdeary]
[05/30 Jesseskive]
[05/30 Slottjinda]
[05/26 MichaelSpano]
[05/26 DalNig]
[05/25 MatAbrag]
[05/25 Jainego]
[05/22 StephenDob]
[05/22 Charlesvex]
[05/17 sea]
[05/17 NONAME]
[05/17 NONAME]
[05/16 MauriceSlini]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains