▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1] [2] [3] [4]

吉田口からの登山道を下から見てみます。といっても3合目手前ですが。私のデジカメのレンズの都合、これ以上引けません〜。でも、雰囲気がつかめると思います。

登山道はもちろん、あちこちから多数ありますよ〜。

4合目石の先に見えるは「小御嶽口」。てことはそこが5合目でお中道でもあります。右に回りこんで行くと小御嶽神社があり、左はそのまま頂上へと向かう登山道へ入ります。

この道のなだらかさがとてもいいのです。

須走口が。五井富士に近いせいか、これ以外にも共通の碑がた〜くさんありましたよ。

いろんな講が混じっています。ここで講同士が集まったのでしょうか。昔はどんなだったんでしょうね。

洞窟の中は……このブログで何度も登場している、富士講の粗「食行身禄」でした。

始祖ではないけれど、富士講が大きく広まったのは食行身禄のおかげです。(富士塚は食行身禄の直系の弟子が身禄の没後に築造した身禄山とも言えるものなのです)

食行身禄は、記録上初めての富士山女人登頂を行ったその人です。娘の花さんも父の意志を継いで教祖になりました。

私は富士講員ではありませんが、そういう意味でも、フェミニスト身禄をリスペクトしています。

ちなみに、伊藤伊兵衛が食行身禄と名のったのはもちろん彌勒菩薩からです。
もひとつ。沖縄の「みるく神」も彌勒です。

★身禄像の背後に「烏帽子岩神社」の文字が見えます。現在も富士山の7合5勺に立派な神社があります。身禄が入定したところです。


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[04/01 Marlingow]
[03/31 LutherSon]
[03/31 AndrewSom]
[03/31 JustinTax]
[03/31 KeithPex]
[03/31 vsemebeilm]
[03/31 muxgbkttc]
[03/29 skorneSeaws]
[03/28 myxbtjque]
[03/28 Frankdiz]
[03/27 BobbyTem]
[03/27 TerryNaice]
[03/27 クロムハーツ スウェット スーパーコピー]
[03/26 GeorgeRah]
[03/25 MichaelRiX]
[03/25 RichardArren]
[03/25 Harrypreob]
[03/24 HallwayGarne]
[03/24 Danielrap]
[03/24 LouisFer]
[03/23 Jacquesrab]
[03/23 MiguelMaype]
[03/23 Kennethbor]
[03/23 Larryvof]
[03/23 KeithPex]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains