▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403]

山水講のことにふれたので、ちょっと突っ込みます。

千葉県の富士講はたくさんあって、もちろん江戸から伝播した講も多いのですが、千葉で発生した講が「山水講」と「山包講」の2大勢力。いずれも房総半島の西部海岸地域で生まれ、各地に広まりました。こんなにあったのですよ!かなり入り組んでいます。(富士吉田の北口御師の檀家(富士講徒)の分担にもかかわる面白い記録もあります)

実はこれらはほんの一部です。
千葉県の富士講は大きく分けて3つの流れがありました。(例外もあるけど)

1 江戸東部からお隣に流入した浦安、船橋、市川、習志野の地域
2 埼玉から入った野田、流山、松戸、市川の地域
3 房総半島の西部海岸地域で発生した地域。北は千葉市から南は館山市

というわけで、「山水講」と「山包講」はこの3にあたります。
この地域、行ったことのある人は気づくと思いますが、東京湾を隔てて富士山の眺めがめっぽうゴージャス♪確かに富士山へはかなり遠い。でも海の向こうにそびえる姿に憧れれば憧れるほど気持ちがつのり、千葉産の富士講を生んだ背景になったのだと思います。

そして、この地域の中に市原市があります。なんとここには78基もの富士塚があるらしいのです。
ななじゅうはちですよ〜〜〜!

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[03/28 myxbtjque]
[03/28 Frankdiz]
[03/27 BobbyTem]
[03/27 TerryNaice]
[03/27 クロムハーツ スウェット スーパーコピー]
[03/26 GeorgeRah]
[03/25 MichaelRiX]
[03/25 RichardArren]
[03/25 Harrypreob]
[03/24 HallwayGarne]
[03/24 Danielrap]
[03/24 LouisFer]
[03/23 Jacquesrab]
[03/23 MiguelMaype]
[03/23 Kennethbor]
[03/23 Larryvof]
[03/23 KeithPex]
[03/22 Kennethbor]
[03/22 Randellamatt]
[03/22 Jasongam]
[03/22 WilliamBuh]
[03/21 maysellers]
[03/21 bklimoNor]
[03/20 DonaldDrato]
[03/20 RichardRuise]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains