▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[798] [797] [796] [795] [794] [793] [792] [791] [790] [789] [788]
「そろそろ松明に点火だ。みんな山から下りて下りて。暗くなるよ」
空きっ腹にふるまい酒をいただいて、ふらっとしますが、講の方たちは大丈夫なんだろうか。


提灯の明りは消えました。登山道に沿ってジグザグに光が浮かびます。細い青竹に刺した108本の蝋燭の灯です。幻想的ですが、いつもはこんな姿の山ですよ。


講中が詞を唱え鈴を鳴らしながら、下りて来ました。さすがに頂上での表情とは違っている。


先達も地上に到着。


これからお焚き上げの儀式です。富士塚の前に設置された藁の山を回ります。


講の方が順番に、藁の山に向かい、4方向から祈祷を始めます。


そして、てっぺんに点火。


特別に大きな「大麻・おおぬさ」(神主がお祓い・お浄めにバサバサ振りかざすアレ)が


人の頭上を舞います。私は顔をなでられました(笑)。


大麻の白い幣にまとわりつく火の姿に見とれてしまう。火の形は生き物のようだ。
火は浄化をいたします。火から霊力をいただいている姿がそこにありました。


火力はすごく、熱さはハンパでねえ。「あぢぃよあぢぃよ。」子供たちも汗だくです。

「毎年来てるの?」「うん。毎年」「僕は初めて♪」
すると、ひとりが別の子に何か手渡した。金バケツとスコップでした。

この時点で私はまだピンときていませんでした。「?」の表情をした私に、バケツを受け取った子は「おばあちゃんに頼まれたんだ」とにっこり。

登山道にはぎっしり人が立ち、上からお焚き上げの様子を見ています。と、カランカランと金属の音がして何かが私の足元を通過し、落ちて行きました。拾い上げた人の手には、片手鍋。

「な・べ?」思わず声に出した私。でも、まわりは平然としています。そのワケはすぐにわかりました。


ああこれかー!まだ火が消えていないのに、炭になりかけた下のほうに向かって人が近寄ります。その数はだんだん増え、あれよあれよと松明に集まって来ます。消防士は落ち着きはらって見守ります。フシギな光景。


今まで気づかなかったけど、ほとんどの人の手元がこんなでした。この消し炭を持ち帰り、門口や畑に撒くといいとされているそうです。この地域の人にとっては大事なお守りです。バケツにあふれんばかりに盛った炭を下げている人も多い。そんなにたくさんどうするのかと聞いたら、近所にも配るのだと教えてくれました。なるほどね。

駒込富士の鎮火祭の時は、いったん上空に舞って、その後ひらひらと落ちてきた炭しか記憶にありません。「笹の葉っぱ、そのままの形だねー!」と、地面に散らばった黒い笹を見て、私は友人と驚いたのでした。同じ鎮火祭でも違うもんですなー。


炭拾いを誰かに託した人たちは、山から見物しています。


私もお山に登って見てみました。わー、火はまだ勢いが止まりません。

でも、ほどなくして、黒い炭と化した麦藁富士に人々は突進して行くのでした。





ちょっと他をうろついていた間に、炭の山はきれいさっぱりなくなって、人もまばらになってました。お山もこんなにひっそりと。お地蔵さんも火のそばで熱かったでしょうね。

夢のようなひととき……いや、狐につままれた気がしました。
でも、夢でも狐のしわざでもなかった証拠に、この後、講の方たちとまた杯を上げることになったのです。

つづく。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[09/19 spinazie stamppot recept]
[09/19 dagje weg cadeau]
[09/19 JimmyTen]
[09/19 tallinnan teknillinen yliopisto]
[09/19 weg wijzen]
[09/18 zon aarde afstand]
[09/18 Alexeybiz]
[09/17 kitchenaid prijs]
[09/17 AngelaSnax]
[09/17 hittegolf tips]
[09/17 cvetocWed]
[09/16 hvilket fylke ligger kristiansand i]
[09/15 gjerde mellom naboer]
[09/06 tilberedning af frosne rejer med skal]
[09/05 dansk dating]
[09/05 dode fingre]
[08/21 芙蓉庵]
[08/16 オオモリアキコ]
[09/15 芙蓉庵]
[09/09 吉田 千秋]
[01/28 芙蓉庵]
[01/28 芙蓉庵]
[01/24 MASA]
[01/22 MASA]
[10/15 芙蓉庵]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains