▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1] [2] [3] [4]

下のクエスチョンから。。。

Q ★[4つのポイント基本の位置]に近いのは?西?南?★

A ★南★

この画像は、西(正面)でもなく、南(側面)でもない。
「南西」からの位置です。
本当は南側からの画像が欲しかったのですが、「能楽殿」が
この塚の南側に隣接してが建っているので、撮影不可能でした。
(竹の囲いが神楽殿の敷地となります)

現在、登山道にクイが建ってロープがつけられているのは、
人を誘導するために近年つけられたものではないか。。。
本来の正面からの登山が、能楽殿建立のため、容易にでき
なくなったので、向きを変えたように思えてなりません。

てなわけで、結論は「本来の正面は南側」であります。

あくまでも私の推論ですけど、いろんな裏づけもあります。

つづく。。。

ただの築山が【富士塚】となる【4つのポイント】をもう一度。

1 奥宮…………………………□  
2 小御嶽………………………□  
3 烏帽子岩……………………▲  
4 胎内…………………………●

参照デス↓

4/10の記事 036 こだわってもよし、こだわらなくても……
4/11の記事 047 アイコンで充分。富士塚4つのポイント

★では、この基本の配置に近いのは下のうちどちらでしょう★

この富士塚は、正面が西を向いています。
これは大変珍しいです。東京都内では他に2基のみ。
(これがちょっとカギになるのでまた後で……)

イラスト左は、西側から正面を見た富士塚の図。
右が、南側から側面を見た図です。

正面と、逆時計回りに90度まわりこんだところの比較です。

おまけに、「小御嶽石尊大権現」は、真ウラにあります。
それも、塚に沿ってではなく、頂上の奥宮と同じ向き。

ってことは???

向き、または位置がオカシイと思った下の3つ、
「奥宮」「身禄像」「烏帽子岩」は
ピンクの太い線で印をつけました。

う〜ん。実は、江戸川区の富士塚にもふたつばかり
なかったわけではありませんが。。。

やはりオカシイんです。

身禄像の左隣にはコレ。烏帽子岩です。

さすが、ここの講「烏帽子岩講」らしく、
烏帽子のカタチに特徴があります。
というより忠実なのかもしれません。

不自然な向きというより不自然な「位置」ですが。

7合目(5勺)の身禄像。
奥宮と同様にボク石でできた洞窟の中で
微笑んでます。正面から登った道を右折、
お中道から拝めます。

普通だったら、身禄像は左側にあります。

まず、オカシイと思ったのは頂上の奥宮の向きです。

案内図には、本社と描かれた頂上の宮が正面を向いている。
でも、実際は右(案内図上で向かって右側)を向いています。

奥宮はこのように立派な祠で、中にはちゃんと御神体が
納められています。ボク石の洞窟にすっぽりおさまって。

そして。。。

高さ6m、直径25mの見ごたえ(登りごたえ)ある富士塚です。
塚のふもとにある看板にはこのような図があってとても便利。
赤い★マークは私がつけました。

ふむふむ、塚の前面には池があり、そこにかかる橋を渡ると
正面の登山口に踏み込むことになります。
鳥居が構えていることもあり、まあ、100人中100人は、
ここから入山します。もちろん私もそうでした。

そして、頂上に到達すると、道がほかにもあるのに気づき、
ならば別の道を通って下山しようとなるのが楽しいわけです。

ところが。。。

人が立った場合のスケールです。
トラフィック・コーンの少し塚寄りの位置からの撮影。

JR千駄ヶ谷の駅から300mほど南下したところ、
鳩之森八幡宮境内にある、東京で最古(現存する)の塚です。

よく知られている富士塚なので、紹介される機会も多い
ですが、じっくり観察したところ、大きな「発見」を
いたしました!

どこにも書かれていないことに気づくのは、最高の喜びです。
出しおしみしながら書いてみます。(笑)



カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[04/01 JasonBax]
[04/01 CarolDoort]
[04/01 Marlingow]
[03/31 LutherSon]
[03/31 AndrewSom]
[03/31 JustinTax]
[03/31 KeithPex]
[03/31 vsemebeilm]
[03/31 muxgbkttc]
[03/29 skorneSeaws]
[03/28 myxbtjque]
[03/28 Frankdiz]
[03/27 BobbyTem]
[03/27 TerryNaice]
[03/27 クロムハーツ スウェット スーパーコピー]
[03/26 GeorgeRah]
[03/25 MichaelRiX]
[03/25 RichardArren]
[03/25 Harrypreob]
[03/24 HallwayGarne]
[03/24 Danielrap]
[03/24 LouisFer]
[03/23 Jacquesrab]
[03/23 MiguelMaype]
[03/23 Kennethbor]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains