▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1090] [1089] [1088] [1087] [1086] [1085] [1084] [1083] [1082] [1081] [1080]
「美の壺」再放送がまだ残っていますが、もう裏話をちょっと♪

参の壺で出た富士塚はふたつ。千駄ヶ谷富士と中割富士でした。
千駄ヶ谷富士はよく知られていますが、もうひとつ、あまり知られていない富士塚を紹介したかったので、江戸川区の中割富士を選びました。



(「ご近所富士山」にもこそっと書きましたが)この姿、私がピグモン富士と呼んでるわけがおわかりでしょうか。もちろん、友好怪獣のピグモンからとっています♪

実は、昨年の「熱中時間」では、このピグモン富士から話がふくらんで、ちょっと面白い展開もあったのです。
ピグモン富士と命名するからには、他の富士塚にもニックネームがあるだろうと、いろいろいじりました。(詳細はイベントの折りにでもとっておきます♪)
スタジオで、このピグモン富士という名に目を輝かせて反応したのが、薬丸さん。「ピグモンもいいけど、ゼットンは?ね、ね、ゼットンとも言われたりしませんか?」「○○○○○○○○♪」「□□□□□□□□♪」いきなり怪獣談義に発展しかけ、「あ、でも、(平山)あやちゃんは世代的に知らないよね〜」と収束し、放送ではカットされました〜(笑)。

ゼットンの姿はさておき。私にとってゼットンと言えば、すぐに浮かぶのが、那覇市桜坂にあったBARの名。オーナーは私より若い方でしたが、オープンしたてのカッコイイBARの名にひかれ、いろんな人が集まっていました。今急に思い出したのですが、カウンターで隣り合わせになって一緒に飲んだ方が、NHK那覇支局の方でした。御縁といえば御縁です(笑)。

さて、ピグモンのうなじは、こんなふう。



美の壺では、



右下の「大澤くずれ」を説明したのでした。



この中割富士は、小さいながら登下山道がみっつあって、お中道もある。講碑は少ないですが、崩落の危険もなくなかなか楽しいですよ。裏側にも力石(本に詳しく書きました)が多数使われています。ここまで来ると、もうピグモンの雰囲気ではないですね。

実はこの塚、平成元年に東葛西9丁目から東葛西7丁目に、天祖神社と共に移築されたのですが、寸分違わずに再現されたとのことです。

もうひとつ、ピグモンがらみのウラ話。
怪獣と言えば、ウルトラマン。円谷プロ。
沖縄好きな私は、ウルトラマンの生みの親、円谷プロの故金城哲夫さんが沖縄出身ということは知っていましたが、ピグモン(およびガラモン)が、八重山の「アカマタ・クロマタ」の姿をモデルにしていたことは最近知りました。ちなみに、沖縄キャラの怪獣は他にもいくつかあったそうです〜。

コメント
はじめまして
熱中時間で有坂さんを知りました。興味深く拝見しました。
地元の富士塚は知らないだろうとサイトを見たところ、既にチェック済!さすがでございます!
ところで来月、上総国分尼寺跡展示館で「富獄礼讃」の歴史講座があります。
いらっしゃってみては?飛び入り講演も如何でしょうか?
明日再放送の「美の壺」はチェックしますです。
それにしても、ピグモンだの、ゼットンだの、同世代ですねぇ。。
【2010/01/22 18:11】 NAME[あずま] WEBLINK[URL] EDIT[]
ピグモン世代
なんだか嬉しいです〜♪ あずまさん。
そして、富士塚熱中人をご覧くださり、ありがとうございます♪

市原市は海岸寄りにも内陸にも、たくさん富士塚があるようですね。国分寺の建立された昔から、土地の霊性によって何か影響されているような気がします。史跡や展示館にも、ぜひ訪れたいです。講座も面白そうですね。お知らせくださり、ありがとうございました。
【2010/01/23 03:07】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[04/01 JasonBax]
[04/01 CarolDoort]
[04/01 Marlingow]
[03/31 LutherSon]
[03/31 AndrewSom]
[03/31 JustinTax]
[03/31 KeithPex]
[03/31 vsemebeilm]
[03/31 muxgbkttc]
[03/29 skorneSeaws]
[03/28 myxbtjque]
[03/28 Frankdiz]
[03/27 BobbyTem]
[03/27 TerryNaice]
[03/27 クロムハーツ スウェット スーパーコピー]
[03/26 GeorgeRah]
[03/25 MichaelRiX]
[03/25 RichardArren]
[03/25 Harrypreob]
[03/24 HallwayGarne]
[03/24 Danielrap]
[03/24 LouisFer]
[03/23 Jacquesrab]
[03/23 MiguelMaype]
[03/23 Kennethbor]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains