▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1245] [1244] [1243] [1242] [1241] [1240] [1239] [1238] [1237] [1236] [1235]
昨年のお山開きは、CSテレビ、ワンダーJAPAN TV #9東京の富士塚の取材でレポした十条富士です。





例年と同じ、十条っ子で盛り上がるお富士さん。

今年はどんな様子だろうか、と思いながら訪れました。
実は、ここ数年、塚の面する岩槻街道の拡張のため、
十条富士の取り壊し問題で気をもんでいたのです。



この塚が、左(道路側から)半分削られるしまうのは、正直、痛々しい。
今年が塚の見納めか、と内心フクザツでありました。

砂町富士の直会でいただいた、お酒の酔いがようやく醒めた頃、
講元と世話役から、ゆっくりお話を伺うことができました。
場所は塚の西側に隣接する集会所の座敷。講員の控え室です。

「昨年はお騒がせしました。いきなりですが、例の問題は?」
「お富士さんは存続です。お祭りも変わりませんよ。」
「えっ? それはいったい。。。?」

結論からいうと、
塚は、数メートルの移築ですむということでした。

道路拡張のため、塚は削られるけれど、
その分、集会所の建物と合体するという計画があります。
つまり、塚全体を西に数メートル移築し、頂上の奥宮も
集会所建物の上部に乗り上げる、というわけです。

私はひそかに安堵しました。

姿を少し変えることになりますが、塚の移築ですめば最小の
ダメージになるのです。

時代の流れには逆らえないけど、富士塚の存続にいくばくかの
創意工夫があれば、私個人としてはとても嬉しいことなので。



集会所の外階段から撮った写真です。
塚の上部は、3月の大地震にも耐えた金属補強が健在でした。

なんだかんだ言っても、今を生きる人が一番大事。
今を大切にすることが未来につながることだから。
そう思えば、カタチを変えることくらい大したことじゃあない。
工夫をほどこすかぎり、きっと先人の想いは消えナイ!

そう思いながら、十条を後にしたのでした。

ちなみに、ひとつ前の砂町富士も、
昨年には取り壊しの計画があったのです。

毎年、いろいろ学ばせてくれる富士塚なのです。

コメント
十条富士
ご無沙汰しております。
私も今年のお山開きに十条富士へ参りました。

十条富士は移築で済みそうとは良かったです。
あのお祭りの賑わいもまた続くのですね~
【2011/11/17 01:36】 NAME[Q] WEBLINK[] EDIT[]
たくましく生きる
Qさん、こんにちは!

Qさんもお山開きに行かれたんですね!

あの賑わいは今後も変わらず、と聞き喜んだとともに、
富士講の方たちの情熱にうたれました。
富士塚存続のための「秘策」にもビックリ!

塚は地震による崩れもなく、気づきにくいことですが、
実は、頂上の石祠のところにあった小さな石碑が、
下におろされてあったのを見て、もしかしたら落下
したのかもしれないと思いました。

小さくても震災はいたるところに及んでいたと
思われます。講の方たちをはじめ十条のお富士さんを
守る人の胸に、保存のための新たな熱意が芽生えたのは
確かでしょう。

富士塚を通して見えてくる、人間のたくましさが
私はたまらず好きです〜。
【2011/11/17 10:31】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
移築の件知りませんでした!
私も地元なので毎年詣でに行っていましたが、移築のことは知りませんでした。
言われてみれば、今年は入り口・出口の形態が変わっていましたが、すごく変わったという違和感はありませんでした。大きく変わらなくてよかったです。
今年も大変賑わっていましたよ。十条駅から塚まで続く長い出店の列は、普通の町中にはなかなかない規模ですね。
麦藁蛇も毎年買い替えていますよ。
【2012/11/04 04:21】 NAME[リラコ] WEBLINK[] EDIT[]
しばらくは大丈夫でしょうか
リラコさん

はじめまして。十条のお富士さんの地元ですか!
ブログをご覧くださりありがとうございます。

今年のお山開きは行けなかったのですが、
とても気になっていました。

計画では、場所は変わらず少しずれるとのことですが、
少しでも今の姿が続けばいいなと思っています。

お富士さんのお祭りは、本当にわくわくしますね!
来年はまた訪れたいと思っています。
麦藁蛇も買い替えなくちゃ!
【2012/11/05 22:10】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[11/21 BryanVor]
[10/15 芙蓉庵]
[10/12 吉田 千秋]
[10/12 吉田 千秋]
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains