▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[683] [682] [681] [680] [679] [678] [677] [676] [675] [674] [673]
新幹線の中から富士山を拝みながら、西に向かいました。展覧会の最終日に、兵庫県伊丹市へ駆けつけることができました。(オープニングは大勢のアーティストたちも集まって盛況だったようです)


会場ではこんなたたずまいの自分の作品に再会しました。
影富士ができなかったのは、ちょっと残念でしたが。。。


裏富士も見せちゃおう。ちょこっと影ができてますが。。。
ページを折り畳むと富士も仕舞うことができまする。


あらゆる国から約260アーティストの作品が展示されています。
各作家の身分証明文書がポートレイト写真と共に添付されてました。


私の作品のあった台座あたりはこんな感じ。全体でこの3倍のスペース。
壁一面にもびっしり!どの作品も面白い。作家達に会いたかった。



フォーカス合ってないけど、再会記念に。
こんなにちっちゃいですよ。パスポートですから(笑)。


一応、添付された私の「特徴」。コメントも兼ねて。
最初の制作プランの内容なのでちょっと違っていますが。


美術館の方にいただいた「ぴあ」に掲載されたコピーです。
(オリジナルページはカラー)
別ページの詳細記事を読みたいです。でも残念ながらもう手に入らない。

会場でゆっくり鑑賞したかったけれど時間がなくなってしまいました。

Fujizzzも旅に出たわけですが、私も旅の途中です。
この後、南下し「熊野」へ向かったのでした。。。


コメント
NHKテレビで知りました
江戸時代の先祖は富士講の「先達」を務めておりました。富士塚は2つ以上作り、浅間神社には2箇所以上に石祠を奉納しております。千葉県白井市の富士塚を15箇所、郷土資料館員が無いというので、探し出しました。富士塚を研究している人がいることを知り、元気が出ました。
【2009/02/04 22:27】 NAME[小林茂] WEBLINK[] EDIT[]
白井市に15富士!
小林 茂様

NHKの番組を御覧になり、コメントまでいただけて、とても嬉しく思います。
ご先祖様が先達をなさっていたのですか!そしてすごい功績を残されたのですね。私は白井市の富士塚は訪れたことがありませんが、ぜひいろいろ教えていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
【2009/02/05 04:33】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[10/24 Alisaunixsignbip]
[10/22 KristinaBeste]
[10/15 芙蓉庵]
[10/12 吉田 千秋]
[10/12 吉田 千秋]
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains