▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[811] [810] [809] [808] [807] [806] [805] [804] [803] [802] [801]
「当たったよ!」「当たったよ!」



と、何度も喜ぶサッカー少年。じゃあ記念に写真撮ろうって。

おみくじにゴールドシールが出たら記念品進呈です♪

もちろんメタル富士に登拝した後です。レポは追々に。。。

コメント
メタル富士最高!
素晴らしいARTでした!
【2008/10/26 20:26】 NAME[aloha_gedo] WEBLINK[] EDIT[]
アリガトウウウ♪
マジ嬉しいです。ARTと言ってくれて!
アート・オン・ザ・ルーフなのですが、
なかなかその認識は得られませんな。
ギャラリーだけがアートの見せ場じゃないぞ、と
今後も頑張りたいっ!
【2008/10/27 10:36】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
無題
ARTだよ、素敵だったー!
ビー玉が転がる様子から全てが!
とにかくかっこよかったよメタル富士!
【2008/10/27 21:13】 NAME[aloha_gedo] WEBLINK[] EDIT[]
ポータブルな富士
ビー玉は、ひとつ流すより数個まとめてが綺麗でしたね!
次回は、そのへんも考慮に入れて、もっと「動きの美」を追求したい
と思っております。

ちなみに、メタル富士はすべて収納できる構造になっております。
かつて富士塚が、よく移築される運命だったのを再現したわけですが、
メタル富士も同様に、どこでもカシャカシャと組み立てられます。
海辺とか、意外な場所でも建ててみたいですな〜。
「旅するメタル富士」シリーズの写真を撮るかも!?
【2008/10/28 10:24】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
無題
そこまで考えられていたんだねメタル富士!
長津田だけではもったいないよ!!
【2008/10/30 21:05】 NAME[aloha_gedo] WEBLINK[] EDIT[]
「トラベリング・フジ」ふたたび
かつて、「トラベリング・フジ」のシリーズで、
小さなオブジェを持って、各地で撮影したものがあります。
メデタイ富士山を、あちこちに出没させるというコンセプト♪

http://hibiscusfujizzz.blog.shinobi.jp/Entry/32/

http://hibiscusfujizzz.blog.shinobi.jp/Entry/33/

http://hibiscusfujizzz.blog.shinobi.jp/Entry/34/

メタル富士はそこまででなくても、こんな感じでいろんな場所で
設置してみたいと思っておりまする♪
【2008/10/31 10:19】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[03/28 myxbtjque]
[03/28 Frankdiz]
[03/27 BobbyTem]
[03/27 TerryNaice]
[03/27 クロムハーツ スウェット スーパーコピー]
[03/26 GeorgeRah]
[03/25 MichaelRiX]
[03/25 RichardArren]
[03/25 Harrypreob]
[03/24 HallwayGarne]
[03/24 Danielrap]
[03/24 LouisFer]
[03/23 Jacquesrab]
[03/23 MiguelMaype]
[03/23 Kennethbor]
[03/23 Larryvof]
[03/23 KeithPex]
[03/22 Kennethbor]
[03/22 Randellamatt]
[03/22 Jasongam]
[03/22 WilliamBuh]
[03/21 maysellers]
[03/21 bklimoNor]
[03/20 DonaldDrato]
[03/20 RichardRuise]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains