▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1081] [1080] [1079] [1078] [1077] [1076] [1075] [1074] [1073] [1072] [1071]
東金御成街道を少し東に歩きました。
(そのまま進むと「成田街道」と交差するのだと帰宅後知りました)



ほどなくして、街道に面して鳥居がありました。
一の鳥居。二の鳥居。奥に続く石段。これにはそそられます。



そして、それをたどると、神社が待っていました。



もちろん、地図なしで歩いていたので、ここに着くまで神社の名前すら知りません。



小高い山ですが、富士塚ではないようです。でも、





出羽三山の碑があることから、かすかな期待をぬぐえませんでした。
千葉県の富士塚には三山講の碑もよく建っているからです(富士講が三山講と関わっていることも多いのです)。

密かに思いました。「富士塚でなくてもよしとしよう。三山講があっただけでも手がかりになるかもしれない」

ところが、手水舎に目をやると



驚くものが目に入って来ました。(通常、神社に行くと最初に手水舎で御浄めをするのに、なぜかこの時は、先に三山講の碑に気づいたのでした)



それは、明らかに「山玉講」船橋のマネキでした。
山玉講は、浦安では解散したと聞きました。でも、船橋ではまだ?



存続していたようです♪
というのは、色褪せた古いものと新しめのものがあったので。
染め抜かれた「下」の文字は「下宿」のことです。(船橋大神宮で見た太々講は「上宿」でした)
ついに、現役の山玉講の証に出会ったわけです。

それにしてもフシギな気分でした。ここは浅間神社でないとすぐに気づいたものの、山の信仰の気配は感じました。そして奥に向かえばこのとおり。社殿の裏まで見てみたところ、山は富士塚のカタチではなかったですが、たぶん富士講の人たちにとってはある種の浅間山だったのでしょう。

実は、この近辺にはもうひとつ日枝神社があるということがわかりました。そこは船橋大神宮と深い関わりを持ち、小さな富士塚まであるらしい。でもさすがに、富士塚マニアもここはノーマークだったに違いない!(笑)

とにかく、もうひとつの日枝神社を訪れる楽しみが増えました♪

コメント
おしゃれな布だな!
【2010/01/14 21:58】 NAME[秀狂] WEBLINK[] EDIT[]
なかなかいいデザインです♪
オミズコウのも好き♪
http://file.hibiscusfujizzz.blog.shinobi.jp/IMG_6358.JPG
【2010/01/15 00:45】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains