▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1084] [1083] [1082] [1081] [1080] [1079] [1078] [1077] [1076] [1075] [1074]
先日、久しぶりに浦安の中央図書館に行きました。
近くの分館にはよく立ち寄りますが、やはりメインのほうは別格です。蔵書の数がすごい上、静かに読めるスペースや雰囲気も申し分ない。ここを訪れたら、奥の書架をチェックして下さい。他に置いていない本で出会えることもしばしばです。(日本一の公立図書館と言われるだけあります)

自分の本があるか、ちょっと棚をのぞきたくなりました。。。にしては、場所を把握していない(笑)。わからなくなったので、検索しました。すると、拝架区分が「中展」、資料状況は「特別状況」と出ました。

何だろう?どこにあるのだろう?と思ってメイン通路を歩きだしたら、



こんな感じに、その時期のテーマにまとめられる一角に、見覚えのある黄色い本が♪ 嬉しかったです。
その後、貸出中になっていました。(読んでくださってる方に感謝!)
有り難いことに、また最近、買ってくださる方も増えています。
心から御礼申し上げます。きっと、富士山のご利益がありますよ!


……………………………………………………………………………………

【NHK 美の壷】
富士山特集 1月15日(金)3ch 22:00〜22:25です。


(本放送)教育 金曜日 22:00〜
(再放送)教育 月曜日(日曜日深夜)0:15〜
(再放送)BS2 火曜日 16:00〜
(再放送)BShi 金曜日 7:00〜
(再放送)総合 土曜日 5:15〜

コメント
TV出演
いよいよ明日!
絶対見るぞ!
【2010/01/14 21:59】 NAME[秀狂] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう♪
どんなか私もわかりませんが、お楽しみに♪
【2010/01/15 01:54】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
隣の郷土博物館に
先日はブログにコメントいただき、
ありがとうございました。
ところで、こちらの図書館のお隣の
郷土博物館には行かれたことはありますでしょうか?
ここの建物のひとつに、松井天山という
人物の描いた昭和初期の浦安の鳥瞰図が飾って
あるのですが、
それをよおく見てみたら、小さく
富士塚が描かれていました。
富士山を描いたものはたくさんありますが、
富士塚の絵ってのは珍しいのではないでしょうか。

TV見ましたよお~。
【2010/01/15 23:38】 NAME[フラット] WEBLINK[URL] EDIT[]
天山、イイです♪
フラットさん
郷土博物館、楽しいですよね〜♪
松井天山は、千葉県のあちこちの鳥瞰図を描いていたようですね。
少し昔の町の様子がよくわかって、とてもいい資料になります。
私も浦安の鳥瞰図で富士塚を発見し、嬉々としてブログに書いたことがあります。
http://hibiscusfujizzz.blog.shinobi.jp/Entry/935/
http://hibiscusfujizzz.blog.shinobi.jp/Entry/936/
フラットさんも見て気づかれたのは、とても嬉しいです♪
富士塚は他の町の図にも描かれているかもしれませんね!

TVご覧くださってありがとうございます。
私はまだ見てないのです。(ドジッて録画失敗。とほほ)
【2010/01/16 02:16】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
無題
あぁ、すいません、もう記事にされてたのですね。
失礼いたしました!

ちなみに松井天山の「八幡町鳥瞰図」にも
八幡宿富士が描かれているのをみつけました。
【2010/01/16 10:56】 NAME[フラット] WEBLINK[] EDIT[]
「八幡町鳥瞰図」に 八幡宿富士が!?
八幡宿富士ファンの私としては、それはぜひ見てみたいです♪
フラットさんはどちらでご覧になったのでしょうか?
【2010/01/16 13:27】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
無題
たびたび失礼します。

八幡町の鳥瞰図は、ネットの本屋さんで売っているのを発見して、購入しました。
ブックサービス
http://www.bookservice.jp/bs/PSRGTP0101.do?doInit=book
「松井天山」で検索すると、いろいろ出てきますよ。
ひとつの町ごとに売っているので、値段も手ごろです。ぜひおひとつどうぞ!!
【2010/01/16 15:13】 NAME[フラット] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとうございました。
ほしくなってきました〜。
【2010/01/17 06:18】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains