▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1112] [1111] [1110] [1109] [1108] [1107] [1106] [1105] [1104] [1103] [1102]
田端富士を下りて、一行は祭壇のある場所へと移動しました。
通常は、田端八幡神社の境内の散集殿というところで拝みをするのですが、今年は改築のため、参道下に設えた仮の建物で行うことになりました。

八幡神社のすぐ西隣には、赤紙仁王(体の悪いところに赤紙を貼ると治ると言われる)で有名な、東覚寺があります。仁王像は、赤紙に埋まって姿も見えず。



寺の前は、ついこないだまで細い道だったのに、区画整理でこんなに見通しがよくなりました。

道を指差し、講元が言いました。
「この道が『弾丸道路』だよ」
「え?ダンガン?」
「そうだよ。戦争時に海の方まで運んだ道さ。北にずっと行くと赤羽団地だよ」

もっと詳しくお聞きしたかったけど、儀式が始まるので断念し、皆さんの後を追いました。



祭事の行われる会場の入口に。。。あ、神田の講から?



これは田端の富士講、「山元講」のマネキです。

さて、祭壇ふたたび。田端冨士三峰講のお宝は、以前から調査報告書で知っていましたが、本物を拝見するのは初めてです。(初拝みは一般公開しているわけではなく、内々のことだから当然と言えば当然ですが)

講のお宝である祭祀具は、【北区のサイト】に出ています。
「田端冨士三峰講祭祀具 附 関係文書」を北区指定有形民俗文化財に指定(指定日平成21年12月9日)



掛軸や祭壇の品々は、手入れもよさそうですごく美しい。
でも、なんとなくヘンだ。



あれあれ?



こちらから見てもやっぱり。
大事なものが足りない(!?!?)。



これは、講の方が持って来られた昔の写真。
そうです。富士山型の御神鏡がない。
(どうやら私だけが気づいたようでしたが)儀式は滞りなく進みました。
文化財に指定されたとはいえ、講の方たちにとっては自慢の祭祀具よりも
ココロのほうが大切。こんなハプニングも微笑ましい、和やかな集まりでした。

ほんの一部ですが、素晴らしい品々をアップ。

身禄とコノハナの掛軸

百八講曼荼羅

お焚き上げ釜

紋は、山元講の前身である「丸長講」です。

お札の版木

などなど、どれもが丁寧に手入れされています。
そして、全員で読誦する「お伝え」。感激でした。





やはり、声に出すのはすごいと思いました。

3年ほど前のこと。私が敬愛するネイティブアメリカンの指導者、デニス・バンクス氏が来日した際、とあるお寺で、彼の歌に合わせ全員で般若心経を唱えたことがあります。全く違うふたつのものでしたが、途中から素晴らしいバイブレーションを生み、感動と共に「声による浄化」を肌で感じたことがあります。

拝みをしていても、たまにそんな瞬間があり、驚きます。



そうそう。御師のSさんが富士吉田からいらしていて、プチレクチャーに盛り上がりました。偶然にも、Sさんは、昨年私が火祭りツアーの際お世話になった方たちとも懇意で、私の本も御存知でした♪


つづく。。。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【富士塚ナイト】は、3月14日ですよ♪

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[08/08 Michaelovali]
[08/04 Albertslots]
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains