▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1164] [1163] [1162] [1161] [1160] [1159] [1158] [1157] [1156] [1155] [1154]
出発した場所、神奈川区の熊野神社に戻ってきました。



まわった富士塚は、正確には六富士。かつては、七富士参りに「上菅田富士」も入っていたけれど、最近は行ってなかったそうです。

「上菅田?あれはもうないんです」

上菅田富士の土地の所有者が土地を売って塚を移したのですが、新しい塚は道路と道路にはさまれた狭い場所で、先達もなかなか見つけることができなかったという。(塚の写真を見れば、とても拝みができないくらい小さく狭い)
待つ人もなく、拝みができる場所でもないことから、おそらく縁が切れたとしたのでしょう。

そのかわり、先達の地元の熊野神社を七つ目として、最後の拝みも丁寧に唱えられていました。



拝殿には、先達の奉納した鈴緒があり、六角箱には先達と講の名が刻まれていました。ケヤキでしょう。とても立派です。

丸金講は、青木講と神奈川講に分かれたそうです。先達の神奈川講は、丸金講の元講らしい。

「私が最後で講はなくなるね」

先達の言葉が胸に突き刺さったけど、まわりの者がどうすることもできない。でも、戦中戦後に一旦途絶えたのち、正月の初拝みから復活した神奈川講です。再び同じことが起きないとも言えない。場所にもよるけれど、最近復活する講も存在するのですから!

岩岡先達が、小御嶽神社を大事にするのは、御中道成就の誇りもある。命がけでまわる御中道は、何人もの行者が命を落とした超危険な行程。昭和32年に達成した時の話をしてくれました。

「大きな岩があってね、そこで休んでいたら皆に叱られた。危ないのに何してんだ!って」

大きな岩とは、富士塚にもよく再現されている「不動岩」のことです。確かに、落石が続く急斜面の難所で休むなんて考えられない。

「若かったからね〜」と先達。他にも、講に入ったいきさつや子供の頃のことなど語ってくれました。



先達は粋なシャツに着替え、皆で遅い昼食をとりに出かけました。

本当に一日中、ありがとうございました。
先達の声は、今でも耳の奥でリフレインしています。

「こりとりて あらいながせばみもきよし こころもきよし ふじのみたらし」

コメント
無題
富士塚ってたくさんあるんですね知らなかった・・・。
【2010/06/21 08:22】 NAME[神奈川@探偵所長] WEBLINK[URL] EDIT[]
探索も楽しいです
探偵所長さま

ブログをご覧いただきありがとうございました。
富士塚は、横浜にたくさんあります。もう、ビックリするくらいです!
神社/寺社の中だけでなく、坂の途中や小高い丘の上など、意外なところにもあります。
散歩がてら探してみて下さいね。
発見すると、きっと有り難い気持ちがこみ上げますよ♪
【2010/06/22 02:31】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
無題
七富士参りお疲れ様でした。

クルマで巡るのは想定外でした。(笑)
【2010/06/26 19:44】 NAME[hozho] WEBLINK[URL] EDIT[]
私もいつか、てくてくと
hozhoさん、こんばんは。

昨年(でしたっけ?) hozhoさんが新年にまわった、七富士参りルートを参考に予測をしたらビンゴでしたよ!さすがです!上菅田富士のほか、西谷(上星川)富士も昔はまわっていたと思われます。

昔は、歩き(とバス)だったようですが、先達もお歳ですからね〜。今は、東京(新宿の丸藤講宮元講社の方達ほか)の七富士参りもクルマでまわります(笑)。
【2010/06/27 03:29】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains