▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1165] [1164] [1163] [1162] [1161] [1160] [1159] [1158] [1157] [1156] [1155]
横浜の七富士参りに同行した6月1日は、大変濃い一日でした。日記書くのに、丸々3週間かかってしまったもの(笑)。

しかし、2日後の6月3日もすごかった! 時間は前後するけど、夜編から。



やっぱりな〜。もう誰もいなかった。

鳩森八幡に到着したのは19時20分。当初は「間に合えば駆けつける」つもりでしたが、やはり気になって寄ってみたのです。自然と足が向いたというか、この日は重要な日でもあったから。

17時からの「開運山開き大祭」は過去何度も行っていますが、こんな光景は見たことなかった♪

実際はもうちょっと明るかったけれど、カメラにおさめた画像は、闇の中に浮かぶ提灯の赤。こうして見ると、ちゃんと富士山を形づくっています。その美しさにしばし見とれてしまいました。

そうかそうか、確かにこの日はお山には提灯がつけられるけど、灯がともる夜までいたことなかったし。と、ひとりごちながら、本殿での参拝そして富士塚登拝に急ぐ私。







頂上の祭具には提灯の赤が反射し、とても幻想的でした。



儀式のときと同じルートで歩いてみました。

たくさんの提灯に照らさせているとはいえ、足元はかなり暗い。私はどこらへんが危ないかわかるけど、富士塚に夜登る人は充分注意してください。(って夜登っちゃいけませんよ。こういう特別な時だけにしてね。あと、酒気帯び登拝もひかえて。もし事故があったら、以後、登拝禁止になるでしょうし、富士山も悲しみますから)



登山口には、こんなものがありました。
富士塚登拝の御朱印かぁ。私も欲しかったな〜と思っていたら、ちょうどH宮司が境内を通りかかりました。

うう。どうしよう。式に間に合わなかったこと、挨拶しようかな。でも(暗がりだから面が割れないかもしれないし)一参詣人として声かけても不自然じゃないよな〜と思いながら、

「あのう、御朱印はもう遅いでしょうね」

すると、
「あれ〜! 今頃来たの?もう終わっちゃいましたよ〜」とバレちゃった(笑)。
「実は、さっき富士山から戻って来たばかりなんです」

社務所に近づくと、Oさんに出会いました。声をかけると、
「今年はたくさんいらしたんですよ。あっちまでずっと列ができて。あなたの本持って来た人も多かったんだから」

ひぇ〜!それはとても有り難いことでした。

そして一旦社務所に入ったH宮司は、御朱印を持ってあらわれました。



「御朱印サービスは4月から始めたことなんだけど、版木は10年前に氏子さんが彫ってくれたものなんです。ほら、富士山の絵が『富』の字になっているのわかります?」

「ホント!いいですね〜♪ ありがたくいただきます」

しばらく雑談しているうちに、富士塚の提灯はいつの間にか消えていました。
「じゃ来年またね。スケジュール空けておいてくださいよ〜(笑)」

やはり行ってよかったと思いました。
特別な日、千駄ヶ谷富士は光の化粧をする。
覚えておこう。来年もぜひ!

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains