▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1170] [1169] [1168] [1167] [1166] [1165] [1164] [1163] [1162] [1161] [1160]
7月1日は、富士山と同時に、関東各地の富士塚でもお山開きがありました。

昨年は、富士塚めぐりツアーで千住宮元富士などをまわりましたが、今年はTVのロケで4富士に行きました。楽しみつつも、今まで以上の強行軍でありました。個人的にも課題を発見し、思うところは多かった。でも、すんなりいかないことはすべて「修行ということにする」。そうすれば、何でも有り難く思えます。プチ修行だらけの人生だもの(笑)。しかしよく汗かきました〜。

富士塚で出会った方たちも多く、撮影の合間に楽しいおしゃべりもできました。感謝しております♪

さて、6月3日の人穴での「450年記念大祭」です。



角行が富士山で修行を始めた日から、450年経ったことを記念しての祭事です。
行くまで知りませんでしたが、これは「冨士教」によるものでした。冨士教は、藤原角行から村上光清系統の「御法家 ごほうけ」の後を継ぎ、毎年この日に供養祭(角行の没した日でもあるので)があったそうですが、昨年管長がかわられた(第20世)こともあり、今年は「450年記念大祭」として大きなイベントとなったわけです。

冨士教の紋は「富士山」と藤原および藤仏の「藤」が組み合わされています。角行直系という意思表示のようです。(中央の枝の形が十字に見えることから、過去にキリスト教に疑われたことがあるとか)







教師たちに続き、信徒の方たちが続々と入場。
他国出身の方(金比羅さんの宮司でもある)もいらっしゃいました。そして、



白手袋をつけた管長が、あるものを乗せたお盆を高く掲げて入って来ました。

冨士教は、江戸を中心にして広まった富士講とは違って、御殿場を拠点にする宗教法人ですが、御神体は富士山であり、教義内容は角行の残したものですから他の富士山信仰と大きな違いはない。でも、この盆の上のものこそ御法家からの秘物であり、現・冨士教たるゆえんです。

つづく。。。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
カテゴリー
最新CM
[06/17 EdwardNaf]
[06/17 Joshuatut]
[06/15 Robertjaf]
[06/12 Dariustes]
[06/11 DennisDop]
[06/10 Williamflali]
[05/31 BorisCat]
[05/31 Williamdeary]
[05/31 Williamdeary]
[05/31 Williamdeary]
[05/30 Jesseskive]
[05/30 Slottjinda]
[05/26 MichaelSpano]
[05/26 DalNig]
[05/25 MatAbrag]
[05/25 Jainego]
[05/22 StephenDob]
[05/22 Charlesvex]
[05/17 sea]
[05/17 NONAME]
[05/17 NONAME]
[05/16 MauriceSlini]
[09/15 芙蓉庵]
[09/09 吉田 千秋]
[01/28 芙蓉庵]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains