▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1171] [1170] [1169] [1168] [1167] [1166] [1165] [1164] [1163] [1162] [1161]
式典では、管長による祝詞奏上に続き、茅(藤)の輪くぐりや、お米を蒸した蒸気による御浄め、稲穂を添えた玉串奉奠がありましたが、ある種オリジナリティーにあふれた儀式でした。

クライマックスは「御巻きくぐり」。





高く掲げられた何本もの巻物の下をくぐります。
そして、管長による
「ごうくうたいそくみょうおうそくたいじっぽうこうくうしん」(富士講の拝みでも必ず唱える御神語)と「幸あれ!」と祈願の言葉が、垂れた参拝者の頭(百会の位置)に振られました。

これはパワフル。御浄めをして空っぽになった体に、祈願の一撃をいただいた……という印象でした。

教義や修行の内容が複雑であっても、儀式はわかりやすいほうがいい。特に一般公開されるものは。その意味で、「お浄め・お供え・祈願」がビジュアルにも非常に印象的で、よそから参加する者にとって親しみやすかった。

「お浄め・お供え・祈願」は、私はネイティブアメリカンから教わった「3つの基本」でしたが、それらは信仰の種類に関係なく、真摯にお参りする心構えなのだと気づきました♪ それ以来、すべての所作に意味があり、有り難いことだと思えるようになりました。考えてみれば、その3つはわれわれも日常やっていることで、例えば神社では「手水でお浄め→お賽銭でお供え→そしてお祈り」ですね。

話がそれました。
御巻きとは、角行の真筆をはじめ2代〜8代までが記した巻物のこと。この日だけ、太陽の下に姿を現わしたお宝なのです。先人の富士山信仰の研究者たちが、血まなこになって見たがっていたものです。

私は宗教の研究家ではなく、体験を通して何かを造る表現者ですから、(文書の内容に関しては専門家にお任せするとし)、いつものように五感を研ぎすませようとしておりました。

すると、ちょうど私が御巻きくぐりをする時、頭上でカラスが激しく鳴き始めました。びっくりするほど大きな声で、それもしばらくの間です。

私にとってカラスは、何かを教えられる時にかぎって現われるので、忌み嫌うものではなく、ある意味「使者的存在」と受けとめています。この時は、何だろうな〜と思っていましたが。。。

頭上のカラスは、巻物の中の「御身抜」(ここでは「おんみぬき」と呼んでいました)に添えられている「三足烏」のことを意識せよと告げていたのかもしれません(笑)。
三足烏は、八咫烏と同義なのでしょうか。角行だけでなく、弟子たちも描き残しています。



式典の最後に、管長のお言葉。
「祝詞の中でも唱えましたが、角行がこんなことを言っています。

『その日の御恩徳、その日にかえすべし』

今、こんな時だからこそ、この教えを大事にすべきだと思います」



この後、冨士教の行場(素晴らしかった!)にご案内いただき、直会にも参加させていただきました。その様子は割愛しますが、皆様、いろいろとお世話になり、ありがとうございました。本当に素晴らしい時間でした。

あ、人穴レポを書かなくちゃ。。。
つづく。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains