▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1190] [1189] [1188] [1187] [1186] [1185] [1184] [1183] [1182] [1181] [1180]
この日リストアップした富士塚は、あとふたつ残っている。(難易度高い方から順番に行き先を決めると、後がラクです)

今は特に暑いしムリはしません。体力次第、気力次第でOK。行けたら行こうくらいのスタンスで、臨機応変に。

でも、内房線の五井駅に戻って来たらまだぜんぜん元気。
「4つ全部行けそうだ」
次は駅の東口から1kmの阿波須神社です。半年前に、富士塚仲間のEさんから「偶然見つけました♪」と情報をいただいて以来、楽しみにしていたのです。



市原には、阿須波神(古事記にも出てくる)を祀る阿須波神社があるけれど、こちらは阿波須(あわす)神社。源頼朝ゆかりの神社です(って、頼朝ゆかりの神社はとっても多い!そして、縁のある神社に富士塚の多いこと)。

駅前から東南にのびる広い道、更級通りをずんずん進みました。



見通しのよい平坦な土地(八重山の黒島みたいだ!)が続いていたので、遠くからでも神社の杜がわかりました。交差点のコーナーです。赤い柵も玉垣と呼ぶのでしょうか。



それに続く石垣。



その横に鳥居がありました。が、これはどうも臨時門のよう。



正式の参道は、東南側の畑脇。以下、印象的な画像をば。



















つづく。。。

コメント
自慢って?
いよいよ阿波須神社ですな。
明治の迅速測図を見ると、近くの大宮神社が阿波須神社と
なっているんです。謎です。。。。(単なる錯誤?)
現阿波須神社も神社記号があって、五座目集落に向かって
参道が記してあります。

ところで此処から車で5分くらいの養老川岸に
数年前、富士山?が現れました。
産廃土砂を積み上げてできたようですが、
標高20米くらい?の立派な山で、山頂に鳥居があるんです。
広重の目黒新富士のようなイメージです。

>タクシードライバーの方に「国分寺台」を自慢されましたよ
何を自慢されたんでしょうか?
ちなみに今日は市民まつりでした。
【2010/08/01 23:25】 NAME[あずま] WEBLINK[] EDIT[]
ナゾは多いです
こんばんは、あずまさん。

どうも大宮神社も阿波須神社も頼朝が立ち寄ったという治承4年(1180年)にカギがあるようなので、もしかしたら、明治時代に一旦混同されたのかもしれませんね。大宮神社は國常立命も祀られていたりして、かなり由緒ありそう(以前神様に詳しい方と一緒に参詣した際、その人もそこに特別なものを感じていたようです)。一方、阿波須神社は、頼朝が阿波須権現を勧請したと書かれているものもあり、大宮神社より新しいのではと思います。参道は、私が行った時も五座目集落から続いていたのを確認しています。いずれにしろ、神社の場所は変わることが多いですから、詳しいことを知るのは難しいですよね。

産廃土砂で標高20mの山?それもすごいですね。鳥居まであるなんて。似たようなのが、行徳にもあります。やはり産廃土砂で造られた巨大な山で、年月を経て緑が繁り、現在では行徳富士として知られています。ルーツが違っても、時代によって扱われ方が変わることもあり、面白いです。

「国分寺台」の自慢は、古墳がたくさんあるって話でした。国分寺や国分尼寺も。
【2010/08/02 02:36】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
ふたつの大宮神社?
先のコメントを書いた後、阿波須神社の近くにも大宮神社があるのを見つけました。あずまさんが言っていたのはこちら(平田の)大宮神社のことですね?

どうもおかしいと思いました。私はてっきり、西口のほうの大宮神社のことだと思っていました。
http://hibiscusfujizzz.blog.shinobi.jp/Entry/916/
【2010/08/02 03:40】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
無題
そうです。平田の大宮神社です。
明治時代は、その辺りまでが一つの集落で、周りは全部、田畑だったようです。
行徳富士は京葉線からも見えますな。今ではすっかり自然の山のようです。
【2010/08/03 21:48】 NAME[あずま] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[04/01 Marlingow]
[03/31 LutherSon]
[03/31 AndrewSom]
[03/31 JustinTax]
[03/31 KeithPex]
[03/31 vsemebeilm]
[03/31 muxgbkttc]
[03/29 skorneSeaws]
[03/28 myxbtjque]
[03/28 Frankdiz]
[03/27 BobbyTem]
[03/27 TerryNaice]
[03/27 クロムハーツ スウェット スーパーコピー]
[03/26 GeorgeRah]
[03/25 MichaelRiX]
[03/25 RichardArren]
[03/25 Harrypreob]
[03/24 HallwayGarne]
[03/24 Danielrap]
[03/24 LouisFer]
[03/23 Jacquesrab]
[03/23 MiguelMaype]
[03/23 Kennethbor]
[03/23 Larryvof]
[03/23 KeithPex]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains