▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1206] [1205] [1204] [1203] [1202] [1201] [1200] [1199] [1198] [1197] [1196]
夏に強いはずの私が、さすがに今年はバテてます。
電気代がもったいないのと、室外機から熱を放出することがどうもイヤなので、先月はトータルで1時間しかクーラーをつけずに頑張りました。しかし、無駄な努力はしちゃぁいけませんね。ムリして体調崩し、結局、ケチッた電気代以上の医療費がかかってしまいました。節約したハズの電気代もあまり抑えられず、とほほです(笑)。

とにかく9月になってもこう暑いとは〜。
昨年の9月1日は、長袖シャツを着て出かけたことを思い出して驚きました。

「午後2時くらい? だったら富士山にいるよ。準備してるからおいで」
Mさんからの電話で、いそいそと出かけました。

富士山神社を目指し、太陽がギラギラ照りつける道を行くと、



ええ〜!? もう麦藁富士が燃えている???

そう錯覚するくらい頭クラクラ。喉カラカラ。
あわててペットボトルの水を飲みました。
中里富士のある富士山神社に着くと、富士講の方達が汗だくで作業していました。

「おう。祭りの裏側見ていきな♪」
「今作っているのは?」
「点火棒よ」







麦藁を束ねて〜。
そんで、縄で巻く。
このへん弱いな。もっと足すか。
太くするには、少しずつ藁を中に刺してって〜。



ほれ。こんくらい長くしないと、てっぺんに届かない。



麦藁富士はもう仕上がっていました。



なるほどね〜。夜しか見たことなかったから、構造がよくわからなかったけど、麦藁の束をいくつも作ってからそれを円錐状に積み上げて、最後に縄を巻いて整えるんですね!

麦の穂はついたまま。

「ホントはね、穂は全部取ってからのほうがいいんだけど」
「たしか、『ぼうち』で?」
「そうそう。棒で打って穂を落とすから『ぼうち』」
「大変な作業ですよね」
「これ(祭り)やるのに畑が必要だからね。そろそろ蒔きどきだよ」
「そうか〜。この麦の粒を蒔くわけですね」
「うん。ここらに落ちた麦も全部拾っておかないと芽が出てくるよ」

木陰に腰掛けて、先達の御子息がいろいろと教えてくださいました。

この辺は麦がとれたから、昔は藁葺き屋根の家ばっかりだったそうです。
「茅(かや)がとれるところは茅葺き屋根だね。茅もいいんだよなぁ〜」

「棒ができたよ〜」



長さを確認しながらリハーサル。
向こう側には、寄附を貼り出す札場(ふだば)も設置されてました。



「お〜い。次はこっち。注連縄だ」





点火棒と同じ要領で作ります。ギシギシ。マキマキ。



古い注連縄を降ろして、長さを確認。それを鳥居に取りつければもうおしまい。



心地よい涼風が吹いてきました。「ひゃ〜気持ちいい♪」
手水場の水道から水を撒き始めたら、一気に涼しくなりました。
地面が冷えるとやっぱり違うのね。レインボウが目に嬉しい。



富士塚を照らす電球も、点灯テストが終わり、富士山はしばらくひっそりと夜を待ちます。



一方、先達のお宅では、他のメンバーが他の品々を点検中でした。
手前の竹は蝋燭を刺すためのもの。計108本。

「賽銭箱がどうしたって?」
「寄せ木の一部が突っかかって」
「棟梁に直してもらいなよ〜」

宮大工の棟梁(こだわりの角刈りが◎)が登場し、即解決しました♪



傍には、お焚き上げの際に振る大御幣が準備されていました。

先達宅の中庭には「正しい夏の心地よさ」があります。
風が通り抜ける。木々は守ってくれる。汗がひく。
ここでは夏を嫌いにならないな。

この日、卒論に富士講(富士塚)を書くという学生さんに会いました。
先日も、そんな人に出会いました。それぞれ、専門分野もフォーカスする点も違いますが、何だか嬉しくなりますね〜♪

コメント
卒論
ほんとに今年の夏はきつかったですね♪
暑い中の取材、いつもお疲れ様です。
自然の怖さを確認させられた夏ですね。
学生さん、富士塚を卒論に選ぶなんて、なんかうれしい話で、書き上げた暁には読ませてもらいたいですね~。
気温の変化に気をつけて取材がんばってください~。
【2010/09/12 00:03】 NAME[POLI] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう!
POLIちゃん、こんばんは

取材はいつも大変だけど、とてもありがたい♪
やはり大事なところへは、呼ばれるように行くことになるのです。
その御縁を大事にして「自分にしかできないこと」を
ひとつずつ頑張ってやろうと思っています。
いつも応援ありがとう〜!
若い人が富士塚を好きになってくれるのが嬉しいこの頃です♪
【2010/09/12 01:15】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[03/28 myxbtjque]
[03/28 Frankdiz]
[03/27 BobbyTem]
[03/27 TerryNaice]
[03/27 クロムハーツ スウェット スーパーコピー]
[03/26 GeorgeRah]
[03/25 MichaelRiX]
[03/25 RichardArren]
[03/25 Harrypreob]
[03/24 HallwayGarne]
[03/24 Danielrap]
[03/24 LouisFer]
[03/23 Jacquesrab]
[03/23 MiguelMaype]
[03/23 Kennethbor]
[03/23 Larryvof]
[03/23 KeithPex]
[03/22 Kennethbor]
[03/22 Randellamatt]
[03/22 Jasongam]
[03/22 WilliamBuh]
[03/21 maysellers]
[03/21 bklimoNor]
[03/20 DonaldDrato]
[03/20 RichardRuise]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains