▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1273] [1272] [1271] [1270] [1269] [1268] [1267] [1266] [1265] [1264] [1263]
1267 国分富士 02

741年(天平13年)に、聖武天皇が全国に建立を命じた国分寺。
東京都は国分寺市の国分寺が有名ですが、千葉県には、安房、上総、下総の3つがあります。



市川市国分にある下総国分寺はこんな位置。
総武線の市川駅または京成本線の市川真間駅から北東に2km弱です。
北に向かってなだらかな坂を形成しています。

くねくね細い道は、わくわく感を掻き立てられます。
「この先はどんなふうになっているんだろう」



道が急に勾配を増し、右に彎曲するポイントに白い鳥居が見えました。
位置はこんな。



ひときわ盛り上がった台地の崖下と言ってもいいでしょう。



ここが富士塚。国分富士。ん〜。斜面が塚として成り立つのはよくあることですが、
元々ここにあったのかしら? 移築されてここにあるのかしら。



古い石段がしっかり設えてあるので、登拝します。



石祠には、仙元宮(=浅間宮)と刻まれていて、



土台には「○さ」。富士山のマークもあり、明らかに富士講が建てたものですね。



散策する方も多いです。鳥居越しにしばしお話しました。
「浅間様があるの? へぇ〜」
イマイチ、ピンとこない様子。
下総国分寺周辺は、歴史散歩の人気コースですが、
この枯れた(荒れた?)富士塚はどこにも紹介されていません。しかたない。



この地形がどう富士山信仰に関わっていたのか、私自身、ナゾをぬぐえないまま、
ちょっと崖の上まで歩いてみることにしました。



擁壁の新しいメッシュが鮮やか。坂道を回り込み、富士塚の真上のお家を見に行きました。



ガッコンガッコン、ショベルカーが土台を整地していた手前が、富士塚の真上のお宅でした。
富士塚の上ってことは、富士山の頂上だな。

遠くのビル群や下の住宅地が見えます。ここらへんが、高台なのだとわかりますね。
ふと見ると、こんなサインが!



「急傾斜地崩壊危険区域」なんだって!




Facebook あり〼

コメント
質問
カタチあるものはいつかなくなり、色あるものはいつか褪せる
確かに、あたりまえのことですよね。
でも、もっと意味のあることは「創る行為」そのものです。
クリエイティビティーは、人間に与えられた素晴らしいギフトです。
表現方法がどんなであれ、「創る行為」を尊重する。

ここまでは、よくわかるのですが、次のところが解りません。

「コンセプト性を持った作品創りを目指しているからなのでしょうけどね。」
【2012/03/21 22:21】 NAME[hatena] WEBLINK[] EDIT[]
コンセプチュアルなアートについて
hatenaさん

コメントありがとうございます。

私が魅力を感じるアートとは、ただ仕上がりが美しいものでなく、作品の中にメッセージがこめられていたり、コンセプトがはっきりしているものです。
その意識をもって現実社会を見てみると、アートとして扱われないものであっても、私にとってはアーティスティックに見えるということです。
「目指している」という主語は、私自身です。わかりづらかったでしょうか。

私の新著のあとがきにも書きましたので、よろしければご覧くださいませ。
【2012/03/22 01:31】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]
?
よけい解らなくなったけど、まぁいいや。

「コミュニケーションは 「伝える」ことより 「伝わる」ことが大事。

事実は 「伝えた」ことではなく 「伝わった」ことが事実。

だから 教えるよりも 重要なのが 伝わったかどうかを

追いかけ考える 関心を持つこと。」かな・・・
【2012/03/22 18:47】 NAME[hatena] WEBLINK[] EDIT[]
そのとおりです
いいことをおっしゃいますね。
肝に命じておきますね。ありがとうございました。
【2012/03/22 20:17】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[04/01 JasonBax]
[04/01 CarolDoort]
[04/01 Marlingow]
[03/31 LutherSon]
[03/31 AndrewSom]
[03/31 JustinTax]
[03/31 KeithPex]
[03/31 vsemebeilm]
[03/31 muxgbkttc]
[03/29 skorneSeaws]
[03/28 myxbtjque]
[03/28 Frankdiz]
[03/27 BobbyTem]
[03/27 TerryNaice]
[03/27 クロムハーツ スウェット スーパーコピー]
[03/26 GeorgeRah]
[03/25 MichaelRiX]
[03/25 RichardArren]
[03/25 Harrypreob]
[03/24 HallwayGarne]
[03/24 Danielrap]
[03/24 LouisFer]
[03/23 Jacquesrab]
[03/23 MiguelMaype]
[03/23 Kennethbor]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains