▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[692] [691] [690] [689] [688] [687] [686] [685] [684] [683] [682]


「みぎかうや ひだりきみいでら」

右へ行くと高野山、左は紀三井寺。の石標。道は遠くとも続いているんだな〜としみじみ思わされます。



本宮大社近くになると、こうして関所もあります。




古い切り株のところで、語り部さんが江戸時代の通行証の写しを見せて説明してくれました。なるほど、誰でも参詣できる熊野とはいえ、現代のように気軽に来れたわけではなかったようです。印象的なのは、「万一病死したら土地の風習によって葬られるように」(だったかな?)のくだり。

そして、あとは一気に森の中。。。飛脚のように走りまわりたい衝動にかられます。



いくつかの眺望で心を潤しながら。



ゴール直前に大事な作法がありました。



本宮大社に入る前に、旅の穢れを祓い身を浄める「祓所王子 はらいどのおうじ」。
祓所は祓戸とも祓殿とも表記されます。傍らには旅人の歴史を見てきた樹齢800〜1000年の巨木が!



そしてついに。。。





汗ばんだ体を、ひんやりと澄んだ聖域の空気が包んでくれました。定家が詠んだ「感涙禁じ難し」も理解できます。

今回、熊野古道の一路のさらにほんのちょっとだけ歩いたわけですが(翌日は別の路を少々)、全く目からウロコの数々に驚きました。現代ではびゅ〜んと神社へすとっ飛びし参拝しますね。それが悪いわけじゃないけれど、時間をかけて参詣道を辿るのと、いかにその精神性に違いがあるか。昔なら30日も費やして詣でたのですから、鳥居をくぐる前にすでに浄められているようなものでしょう。山中で餓えと野宿の恐怖をかかえながら、究極の旅をして到着するのですから。

私も道中、「六根清浄」を意識しなくとも、深い森の中を鳥の声を聞いたり、自分の木霊を投げてみたり、草の匂いに敏感になったり……と、六感覚が研ぎすまされていくことがある意味みそぎになっているのかもしれないなと思ったりしました。

古道記事は終わってもまだ先にディープなことが待っている。急いで書かなきゃ。熊野三山のうちあと二山あるしね。


コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[04/04 WillieCed]
[04/03 RichardRuise]
[04/03 KeithPex]
[04/02 Robertimmit]
[04/02 RubenPat]
[04/02 pinhupbrg]
[04/02 Kennethbor]
[04/02 ShaunCef]
[04/02 Williamscese]
[04/01 JasonBax]
[04/01 CarolDoort]
[04/01 Marlingow]
[03/31 LutherSon]
[03/31 AndrewSom]
[03/31 JustinTax]
[03/31 KeithPex]
[03/31 vsemebeilm]
[03/31 muxgbkttc]
[03/29 skorneSeaws]
[03/28 myxbtjque]
[03/28 Frankdiz]
[03/27 BobbyTem]
[03/27 TerryNaice]
[03/27 クロムハーツ スウェット スーパーコピー]
[03/26 GeorgeRah]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains