▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[694] [693] [692] [691] [690] [689] [688] [687] [686] [685] [684]




あれ?鳥居があるぞ。お寺に来たんだよな〜?
石段を登っていくと、鮮やかな朱の鳥居が目に入りました。

神仏習合の姿をそこここに見ることができる熊野ですが、この山門も見事でした。古い山寺にたびたび見られる鳥居門で、お寺をつくる時、その山に元からいらした神に敬意をはらい、ご加護をいただくためにこのような形になったのだそうです。

那智大社へ行く途中、立ち寄った古いお寺、阿弥陀寺です。女人禁制だった高野山のかわりに参詣された「女人高野」として知られます。実はここはノーチェックでしたが、急遽行くチャンスができてよかったと思いました。





「亡者の熊野詣で」と伝えられ、人が亡くなると幽魂は必ず妙法山に参りこのひとつ鐘を撞くといわれます。





行きませんでしたが、奥には火生三昧(かしょうざんまい)跡もあります。火で身を包み読経をしたという応照上人の苦行の跡です。それにしても、水に流されたり、火に身を投じたり……昔の僧たちのすさまじい衆生済度の念を思うと……気が遠くなりそうですね。



那智の滝より高い位置です。画像は途中の駐車場からの眺め。
海が見えます。
山頂付近は「富士山の見える最遠の地」だそうです。(海抜749m)
見ることはできなかったけどね。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
死びとの詣でる、妙法山。
先週参加致しました、JR西日本主催の“南紀熊野癒しのハイキング”というイベント。 語り部さんと那智の滝と社寺を詣でた後は、那智勝浦町...
WEBLINK[URL] 【2008/12/01 16:22】


カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains