▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1022] [1021] [1020] [1019] [1018] [1017] [1016] [1015] [1014] [1013] [1012]
近くの盆踊り会場から聞こえる「炭坑節」が合図となって、講の方たちは一瞬気が引き締まります。
時計を見れば、ちょうど9時。

先達を先頭に、講員が「掛け念仏」を唱えながら、下山を始めます。



掛け念仏は、バランスを考慮して、前半分・後半分を交互に唱えられるように並びます。



地上に下りました。麦藁でできた大松明のまわりを、右回りに3回まわります。

先達が大幣束(大麻 おおぬさ)を振りかざし、「四方固め」の形でお祓いをします。
正面→左側→裏側→右側→正面の5箇所です。

そして、火を招くためのいくつかの儀式が始まります。四方固めにて両手を使って「火の道を開く」所作や、



経本仕立てのお伝えをパラパラと開き、火に向かって「言霊を投じる」。鮮やかです!



待ちに待った「点火」。



そして、参加者に向けてお祓いが始まります。位置は四方固めにのっとって。



今年は火のまわりがとても早い。松明は巨大な生き物のように燃え上がり、人々に襲いかかるようでした。すごい迫力でした。強風が吹いたのと、松明がふんわりしていた(麦の量が少なかった)からです。自然を相手のことですから、火の表情は毎年違います。

この後、講中が再び掛け念仏を唱えながら登拝を始めると、群集はスコップとバケツを手に、松明の燃えカスに突進します。

昨年の様子はコチラです♪



そして、一瞬にして静寂が戻って来ます。
富士塚を仰げば、そこには森の中に吸い込まれそうな幻想的な光景が!

今年はまた、ひと味違った気持ちでお焚き上げに立ち会うことができました。ありがとうございました♪

後片付けをし、先達のお宅へと向かいます。荷物は車で運びますが、私は講の方たちと歩きます。これが、とても気持ちのいい数分間なのです。
「この向こうに川があってね。。。」
「自分が生まれた家はそこでさ。。。」
お話を聞きながらのんびりと「夜道の散策」です。



先達のお宅で直会です。
床の間には、今まで使った大幣束が立て掛けてあって、その多さに驚きました。

心づくしの手料理に感謝しっぱなしでありました。本当に美味しい。

「では、また来年ね♪」
そんな言葉をかけられた私の心にも、火が灯ったのでした。うるうる。

コメント
ありがとうございました
中里富士でサインしていただき、お話をうかがったりして感謝しております。とっても周りが明るくなる方なんだなあと、感動ものでした。
火の花祭りは自分の年間行事のひとつになりました。次回は火山マニアのカミさんも連れて行きたいなと思っています。

それではまたどこかの富士塚で、・・・楽しみ!
【2009/09/22 23:12】 NAME[Pochi] WEBLINK[URL] EDIT[]
火山パワー♪
こちらこそ、ありがとうございました。
本を読んでくださって本当に嬉しかったです!
私は3週間も経ってしまいましたが、Pochiさんはその日のうちに
ブログにアップしてらっしゃいましたね〜♪
あらためて拝見させていただき、貴重な写真の数々に驚きました! 
そして、「噴火のはじまりだ」にはグッときましたよ♪
来年は、ぜひ奥様と御一緒に、火山パワーを享受いたしましょう。
御縁に感謝です!
【2009/09/23 00:15】 NAME[芙蓉庵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[08/08 Michaelovali]
[08/04 Albertslots]
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains