▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1013] [1012] [1011] [1010] [1009] [1008] [1007] [1006] [1005] [1004] [1003]
「そろそろ戻りましょう。お焚き上げが始まる〜」
塩加持は、7時頃からだと告げられていたので、移動したのが6時50分すぎ。



参道の松明はずいぶん燃えている。ドキドキしながら筒屋へと急ぎました。
到着すると、すでに松明の前では塩加持の真最中!

「遅いよっ!何度も携帯に連絡したのに〜」
「ええー?7時からじゃなかったの?」
携帯を見れば、6時38分からいくつもの着信履歴が!
ショック!神楽殿にへばりついていて、全く気づかなかった。

休憩組が6時半頃来てみたら、塩に立てた線香もすでに形をくずし、
ご祈祷が進んでいたとのこと。
どうやら今年は、火のつきが早くて予定より早めに始めたようです。
わ〜ん。そんなこともあるのね!

ということで、下2枚は私が撮れなかった画像です。Rさんありがとう。



先達の足元にあるのが、木綿の白布に敷かれた「塩の土台」に建てられた
線香の富士山。もう灰になっています(泣)。



いくつかの違う講(派)の方たちが炎に向かい、合同でご祈祷です。
先達も3人。

自分で撮った画像につながります。ブレブレですが。。。









そして私も塩加持を受けました。

布でくるんだ塩(線香の火で熱くなった塩)を、背中の数カ所にあて、
その後、数珠を使って同じように力を込めて祈祷してくださいました。

パワフルでした。
塩の熱とご祈祷の声で、私は一瞬違う場所にいるかのように感じました。
その時「無音」だったのを覚えています。
エネルギーが入った瞬間でしょうか。



私の後もしばらく続きましたが、間もなく終了。
(膝を痛めて正座できない人は、膝にしてもらったそうです)



最後は松明に向かって、祈祷が続きました。

さて、加持に使った塩は持ち帰りできました。この塩を自宅の四方にまくと病気や害悪が来ないとされています。



参加者の方たちに小分けしても、まだたっぷりあります。
数日間、袋に入れっぱなしでだったので、粗塩は線香の灰を吸い、グレーに変色していましたが、当日を思い出し少し舐めてみました。
すると、有り難いことに元気注入の感覚が♪
水分を飛ばすために、しばし天日干し。盛り塩に使いたいと思います。

ところで、塩加持をやってらっしゃるのは、この方たちだけといいます。
いつ頃から始まったのか聞きそびれましたが、かつて富士講では、他にもいろんな加持祈祷がありました。
富士山頂上の金明水を加持水として使っていたことは有名(最近も市販してるとかないとか……)ですが、病気を治すために護符を配っていたこともあります。(詳しくはまた)

加持水は別としても、熱い塩や護符(に使われた墨)の効能は、決して非科学的ではありません。でも、かつては「怪し気なこと」として取り締まりの対象になった時代がありました。これもまたの機会に。

それより、松明の燃え残りつまり燠(おき)も、火除けのお守りになります。



うっかり取りそびれた私に、Kさんがたっぷり採取してくれてました♪
感謝です〜。

つづく。。。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[09/15 芙蓉庵]
[09/09 吉田 千秋]
[01/28 芙蓉庵]
[01/28 芙蓉庵]
[01/24 MASA]
[01/22 MASA]
[10/15 芙蓉庵]
[10/12 吉田 千秋]
[10/12 吉田 千秋]
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains