▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[949] [948] [947] [946] [945] [944] [943] [942] [941] [940] [939]
多摩川富士を下りて、休憩をとりました。この日は、5時から千駄ヶ谷富士のお山開きに出かけるため、ツアーの始まりも午後からというゆっくりしたものでした。

当初、お茶をする場所は、浅間神社の入口近くにあるレトロなつり具屋さん



の隣にあるCAFE



を予定していたのですが、あいにくお休み。同じく浅間神社の裾に構える



cafe despacioに座ることにしました。ここは、某TV局のディレクターが見つけてくれました。(実はこの日、取材を受けていたのでした)

カメラがまわっている時はちょっとキンチョーしてましたが、彼らが次の目的地である千駄ヶ谷富士に出発したので、私たちは急にリラックス。ここでプチレクチャーをいたしました。



持参した江戸切絵図を広げたり、



私の立体作品を使いながら、江戸時代の富士登山の様子をあれこれ。私ならではの展開です♪ こむずかしい話はこのツアーにはありません。そして臨機応変自由自在。もちろん参加者の構成にもよりますが、例えば現場で富士山のパワーを柔軟に感じようとすることもあります。



ここ、cafe despacioの奥は、多摩川富士の石垣をそのまま壁として使っています。ソファに腰掛けて、背中からそのパワーを感じながら楽しい時間はあっと言う間に過ぎていきました。

それにしても、参加される方から教えていただくこともたくさんあり、ツアーはとても有意義です。パワーを感じやすいT様は戸隠に行って来たばかり。聖地好きな彼女の感性は鋭くて、とてもありがたい。「ほら、石垣から背中に感じるのわかる?」私は話に夢中になってあまり気づきませんでしたが、確かにそこはちょっと違う空間でした♪ また、各地の神社に詳しい方からは、「一の宮」とはどういうことか等教えていただきました。

私にとってはボランティアに近いツアーではありますが、こうして全てが学びにつながること、そしてありがたい出会いは宝物となっています。感謝です♪

ちなみに、cafe despacioはオススメ。オープンカフェですよ。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[07/16 芙蓉庵]
[07/10 吉田 千秋]
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains