▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[953] [952] [951] [950] [949] [948] [947] [946] [945] [944] [943]
音羽富士にて打ち合わせ。いや、ある番組のディレクターさんに体験登拝(笑)をしてもらいました。



これは頂上から見下ろした図。私たちは正面の登山道から上がってきました。すぐ目の前には烏帽子岩。富士塚の下で、若いお坊さんたちがキャッチボールしています。楽しそうです。

音羽富士は文京区の護国寺の中にあります。お寺の中に富士塚が残っているのは東京では珍しいですが、江戸名所図会には描かれています。



現在の位置は違いますが。。。

護国寺には、新田次郎の小説「芙蓉の人」でもおなじみ、野中 到と妻千代子が眠っています。



明治時代、野中 到は、高地での気象観測の必要性を説き(例えば、ペルーのエル・ミスティ=ミスティ山のように海外ではすでにあるのに日本でなぜ行なわれていないのかと)、富士山頂の剣ケ峰に私財を投じて日本最初の富士気象観測所を建設。そこで妻千代子と共に、冬期気象観測をしました。明治中頃のことです。これが「富士山頂観測所」のきっかけとなり、のちの富士山測候所にもつながったわけですね。小説を読むと、山頂での壮絶な情景が目に浮かび、胸にこみ上げるものがあります。

ちなみに、エル・ミスティとは、ペルーの日系移民の方たちから「ペルー富士」と呼び親しまれている山ですが、この頃まだペルーへの移民は始まっていません。

とにかく、護国寺は富士塚があるだけでなく、野中夫妻を通して富士山と御縁があります。

再び頂上。お宮の手前に「御頂上 大石」の石碑があります。植木職人からの奉納です。



どっしりとしたその石は、何となく山の形っぽい。また、少し下ったところにある、



これを見た時、「あれ?どこかで見たカタチだ♪」と思いました。

←浅久保富士の碑

「ふじの山 夏雪の水をそろの木に 金名水も開く」という歌が刻まれたヤマキチ講のものですが、音羽富士のその碑は何が彫ってあったのでしょう。斜面から落ちそうだったので、チェックしませんでしたが。

それにしても、ほかにもどこかで見た、このL字型の石碑。(近いのは目黒新富士にあります)
富士山を連想させるような三角の石が使われることはよくありますが、これはちょっとユニークですね。横長だし。山型の下に文字のためのスペースがついているし。

確かまだまだありました。う〜ん。どこだったでしょうか。気になります。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains