▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
気づいたら2013年も師走!
今年は特に時間の経つのが早かった。
ブログを更新する時間もないほど、多忙でした。



画像は、今年の夏、北口の古道を登る私。
丸の内朝大学の皆さんと一緒です。
(お世話になりました)

日頃の運動不足のせいで、ゼイゼイ言いながら、
5合目(この日のゴール)を目前にしたところ。
麓の馬返しから、てくてく登ってきました。
(結局この後、6合目まで登りましたが)

古道は本当に素晴らしかった。

森の中を行く清々しさ。
朽ちながらも登拝者を迎える、古い信仰の証たち。
「登らせていただいてありがとう」
という気持ちでいっぱいになりました。

本当に今年は、富士山の世界遺産登録のおかげで、
勉強させていただくことの多かった年でした。

あらためて、得るものばかりでした。
心から感謝したいと思います。
富士山と、出会いと、今生きていられることと。

今年もまだいろいろやらなければならないことが
残っています。ちょうどこの画像の位置あたり。

心をこめて、頑張ります!





Facebook あり〼
財団法人 地図情報センター
【 International Cartographic Information Center 】
が発行する、地図専門誌「地図情報」。
新しい号は「富士山と地図」特集です。







地図の専門家の先生方に混じって、
富士塚の記事を寄稿させていただきました。
(写真は、6ページのうち後ろ2つの見開き)

富士塚が載っている「江戸切絵図」等にもふれていますが、
今回書きたかったのは、立体古地図!
富士塚ではなく富士山そのものの地図ですが。

富士山が立体ですから、当然、地図も立体のほうが正確です。
でも、イメージしやすく制作されたのは富士山信仰者のため。
聖地各所(信仰場所)も細かく描かれています。
机上の富士塚とも言えるでしょう。

山梨県や静岡県に、このタイプの地図が残されていますが、
それらと一線を画す、五雲亭貞秀の「富士山真景全図」!
立版古(たてばんこ)に仕立てた素晴らしい作品です。

浮世絵師・五雲亭貞秀と地図絵師・橋本玉欄斎の合作
(船津胎内の内部が橋本玉欄斎の筆)ですが、
実は、両者は同一人物。作者のこだわりに脱帽です!
地図機能を備えた美術作品ですね。

残念ながら、
「地図情報」は会員向け機関誌のため、一般書店での
購入は不可です。でも入手希望はこちらへ。
財団法人 地図情報センター






Facebook あり〼
またまたアップし忘れていました!
8月20日付のしんぶん赤旗の記事です。



吉田の火祭りのミニチュア@富士塚をご紹介しましたが、
それぞれに進化した地域特有の火祭りは、
かけがえのない招福の願いが込められています。







Facebook あり〼
日本橋三越本店を拠点に、若い世代に文化を発信する
日本橋 街大學が、来月開校します。

先日、開校式が行われました。→その時の様子

↓画像をクリックすると、【日本橋 街大學】のサイトに飛びます。



私も3回ほどレクチャーさせていただきます。
↓こんな絵解きを使いながら。













などなど。

こんな図や↓



こんな図を使いながら↓



フィールドワークに出かける予定もあります。

そのほか、盛りだくさんのクラスです。



お申し込みは→こちらから

お待ちしております。









Facebook あり〼
【江戸を知れば、東京はもっと楽しい】

そんなコンセプトの雑誌が『月刊江戸楽』です。
編集部は、日本橋小舟(こぶな)町にあります。

9月号 No.53(8月20日発売)の特集は、
「江戸から見える富士山」です。

チラ見は→コチラから

私も4つの富士塚を紹介させていただきました。













Facebook あり〼
丸の内朝大学の皆さんと一緒に、吉田古道を歩き、
4合5勺にある、御座石(ございし)を拝みました。



御座石とは、神の依りつく石という意味があるとのこと。



あ〜んな高いところに彫ったんですね!

「ほら、日本橋の文字が見えますね」と私。

すると、Tさんが気づきました。
「あれは、鰹節のにんべんの屋号では!?」



おお、たしかに!
日本橋にある老舗、にんべんの商標「イにカギ(金尺の形)」です。
創業者である伊勢屋伊兵衛の「伊」(名字と名前につく)から取った
「イ」(にんべん)ですね。

ちなみに、伊勢屋伊兵衛の本名は高津伊兵衛ですが、
勢州(現・三重県)出身だったので、伊勢屋伊兵衛としたそうです。

御座石に彫り込まれた「にんべんマーク」の下に青木とあるのは、
従業員の中にいた、富士講信徒、青木さんの名でしょうか。

くわしいことはわかりませんが、手持ちの資料、
「富士吉田市上吉田地区石造物調査報告書 上吉田の石造物」



を開いてみたところ、



魚がしに携わっていた(つまり鰹節業つまりにんべん?)
「山三講」の青木という人物らしいことがわかりました。
おそらく、青木駒作さんでしょう。

山三講マークの下の、(右から読んで)「三夜」は
二十三夜講のこと。富士塚で見かける石碑にもよく刻まれています。

石工は佐野平作さんですね。

山三講は、富士講の中でも比較的古い講で、
山口三左衛門なる人物が、渋谷の山吉講から分かれて起こしたもの。

元講は麻布にありましたが、枝講は、赤羽橋(港区)、芝金杉、
堀江、日本橋、新橋と広く、千葉県の館山、富浦、千倉や、
川崎の一部にもあった富士講です。

日本橋の山三講、きっと羽振りがよかったのでしょうね。
そんな気がします。

なんか最近、日本橋に御縁が多いです。
詳しくはそのうちに。。。







Facebook あり〼
『ご近所富士山の「謎」 富士塚御利益散策ガイド』が
版を重ねました。



左が初版、右が今回のです。オビも変わりましたね。

読者の方々、版元、支えてくださった方々に感謝しております。
そしてもちろん、富士山に心から感謝です♪

生きていくためにはいろいろ大変なこともありますが、
小さなことにとらわれず、純粋な気持ちで「富士山ありがとう」と
想い続けることが大事だと、今回もまたそう思わされました。

某先達もおっしゃっていました。
「富士山は征服する山ではない。有り難いと思って登らせていただく」

富士山と向き合うには、やはり、ピュアな気持ちがなければね。
(ネガティブなこと言ってると状況も悪くなる。これホント!)
私も富士山に愛されるように、これからも頑張りたいと思います。



奥付の「2刷」の文字が嬉しいです。
ありがとうございました!!!







Facebook あり〼
そう言えば、こんなこともありました。



テレビ朝日のスーパーJチャンネルでひと言。(6/24夕方)

千駄ヶ谷富士のほか、
横浜市都筑区の川和富士(珍しいですね)の修復が、紹介されました。






Facebook あり〼
アップしそびれていました!



6月26日発売の
「旅人 vol.1 特集:富士山を旅する人」
朝日新聞出版社

です。

私も富士塚について書かせていただきました。





他にも、読み応えある記事が満載です!

→出版社のサイト





Facebook あり〼
7月1日及び前後は、ご存知のように富士山のお山開きに合わせて、
各地の富士塚でもお山開きがありました。

今年は富士山の世界文化遺産登録の影響で、富士塚への関心もアップ。
子供時代に富士塚に親しんだ人は、地元に戻って懐かしみ、
最近富士塚を知った人は、富士塚巡りを楽しんだようです。

お富士さんの祭として人出の多い駒込富士や十条富士は、
このブログで何度も紹介しているので、今回はお初のレポートです。
(6月1日の横浜7富士参りの様子は、後日じっくりと書くとして)

東京でお寺にある富士塚はひとつ。文京区の護国寺の音羽富士です。



山護講の解散で、山開きは久しく行われていなかったのですが、
3年前から復活したのをご存知ですか?

といっても、お山開きをするのは富士講ではなく観音講で、
御前様と慕われる大本山護国寺第五十三世貫首 岡本永司大僧正の法話を、
毎週日曜日に聞く集まり(観世音菩薩を信仰している)「修養会」の
方達です。

7月1日に近い日曜日、本堂で法話を聞いた後に音羽富士に登拝する
という情報を得、6月30日に参りました。



10時頃、講の皆様が富士山の麓に到着。若い僧侶が出迎えました。



総勢30名。ご年配もいれば若い人もいます。
皆さんが、鳥居の手前に立ち、音羽富士に向かって深く一礼。
そして「神様だからね」と言いながら、祝詞奏上を終えた後、



たっぷりお経を上げられました。



そして、鳥居をくぐって登拝です。



法螺貝の響きが心地よい。



「道がいっぱいあるなぁ」「右側から登りますよ〜」



先頭集団はすでに頂上に立ってます。



頂上手前はこんな渋滞。とはいえ、全員が頂上に乗れたなんて!



ひとりずつ丁寧に拝みます。
「今だけ、こちらならではのものを置いてあるんですけど」
と僧侶。



そこには鐘が吊るされてありました。
各参拝者は、ひとつ鳴らしてから拝みました。

「お社に鐘ってヘンでしょうが」と僧侶はおっしゃるのですが、
「いえいえ、高田富士では鐘を鳴らしますし(叩き鉦ですが)」

かつて富士山の頂上では、



ほら、このとおり。
(江戸時代の「富士山明細図」を立体に模写したもの)

下山後、観音講の方と談笑するうちにお父様が富士講だったと
いう方とお話ができ、とても貴重な時間を過ごせました。
この日のことを教えてくださったMさんに感謝です。

「富士塚はもともと境内の西側にあったそうですよ」と私。
「確かにあっちのほうが見晴らしがよくて富士山が見えそうです」
「わー見たい見たい!」



Mさんに案内された一角は(茶室横)、確かに高い。
そうか、首都高側が崖になっているのか。ふむふむ。
富士山はここからきっと見えたでしょうね。
そして富士塚の元位置もここあたりかも?



江戸名所図会に描かれた音羽富士です。







Facebook あり〼


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains