▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
9月3日発売の雑誌「東京人」10月号は、
特集「山の手100名山 都心の超・低山がおもしろい!」です。



私の担当は、モチロン富士塚。【「江戸っ子の富士山信仰」p58〜65 】
17山をリストアップしました!



拙著(「ご近所富士の謎」&「富士塚ゆる散歩」)とはひと味違う、
記事をお楽しみください。
(新ネタもあり〼)
●砂町富士には、ホンモノの富士山の土が混ざっている!
●上落合富士は、かつて円墳だった!
などね。




Facebook あり〼
富士塚がじわじわと!
知られてくる昨今ですね〜♪ 嬉しいですね〜♪

 








Facebook あり〼
またまた琉球八景のナゾの途中ですが、ひとつ告知を。

7月5日(木)、J-WAVE (81.3FM) のPARK IN THE SKYに
ちょこっとゲスト出演します♪(12:15頃〜10分弱です)



【追記 7/6】

無事に生出演、終了しました♪ 楽しくおしゃべりできました♪





ハリーさんが子供の時初めて富士登山した年齢(11歳)が、
私の初富士登山の時と同じ歳だったことを知りました。

番組終了後、私がその時に使ったリュックを2度目(大人になって)に
背負って登山したことを話したら、

(番組の中で)私が言った「富士塚は、富士山に通じる transmitter です」を受けて、
「ボクも子供の時に使ったリュックを使って登ったら、transmitしますね!」
と言っていたことが印象的でした。

ええ、きっとそうだと思います。
時間があったら、是非千駄ヶ谷富士に登拝して、10日後の富士登山の安全を
祈願してくださいね〜。きっと願いは叶いますよ♡

ちなみに7/15-16は、新宿区の高田富士がオープンですよ!
皆さん、「高田富士まつり」に出かけましょう〜!




Facebook あり〼
朝日新聞出版社から「日本の世界遺産」の分冊が出ています。
4月12日発売の3号は、「富士山」です!(暫定ではありますが)



15ページには、私が富士塚を紹介させていただきました。(文&写真&イラスト)








Facebook あり〼
「日経おとなのOFF」という月刊誌があります。



4月6日発売の5月号は、「おとなの江戸学入門」です。

東京スカイツリーのオープンを目前にして、江戸熱も高まっていますね。
データ満載の教養雑誌。読みやすいし、品があってステキです♪

「江戸を感じる名所」では、専門家のお薦めランキングとして、
坂道、低山、そして富士塚のベスト5が紹介されています。



僭越ですが、「富士塚ベスト5」は私による選出でした。



選びきれない富士塚の中、お江戸と言えばやはりこのランキング。
テッパン中のテッパンではありますが、やはりここをおさえとかなきゃね。
もちろん、あれも入れたかったし、それも落としたくなかった。。。
逸品だらけの富士塚ですもん。

「富士塚ゆる散歩」も紹介していただけて、ウレシイです♡







Facebook あり〼
【富士山の世界文化遺産を目指して】Mission Mt. Fuji-The Road to the World Heritage
を合言葉に、 このWEBサイトがあります。

富士塚好きは、223(fujisan)な人でもあります。てなわけで、
「223な人たち」の中に、わたくしも。

↑画像クリックでこの記事に飛べます。

紹介していただいたことも有り難いのですが、インタヴューの中でお伝えできたこと、
私がリスペクトする北斎の、「琉球八景」のハナシです。

このブログでも何度か紹介しましたが、



沖縄に行ったことのない北斎が、沖縄の8風景を描き、
さらにそのうち3風景に、富士山を描いてしまったことです。

富士山に取り憑かれた北斎が、
見えるはずのない琉球の風景画の中に富士山を描いたという事実。

それはすなわち、
「富士山には超自然的な魅力がある」ということにほかなりません。

絵師に「見えない姿を描かせた」富士山。
富士講信徒に「富士塚という『写し』を造らせた」富士山。

芸術や信仰を超え、富士山は日本人にとってスペシャルな存在だということです。
そこに、私は着目しているのです。

琉球八景は、三井記念美術館の「北斎展」にて。







Facebook あり〼
ひいき目ではないですよ〜(笑)。とてもいい番組でしたからね!
4月2日、BS-TBSで放映された「謎解き!江戸のススメ」の第一回「富士山」です。

テーマは、江戸人と富士山ですが、
隠れた副題は「富士山をめぐる、家康の野望」とでも言っていいでしょう。

前半は、富士に魅せられた江戸の人々。

数日前のブラタモリでも出てた、

千駄ヶ谷富士に、

今回は、私が指南役としてご案内。

富士塚本も紹介していただき、

登拝をしながらのプチ解説です。
里宮をお参りした後、

登山道では、ボク石のハナシ。

ぐるっと回り込んで、

「中腹の一周を中道と言います」

「では一気に登りましょう」

「は〜い。ここが頂上でっす♪」

頂上でもの想いにふける図

家康の人生を軸として、富士山信仰に迫った面白い番組でした。

「富士山ラブな家康の想いが、江戸の町に富士山の呪縛をかけた」というのは、
おそらく多くの東京人が、うすうす勘づいていることでしょう。

それゆえ、
われわれは、東京から見える富士山が気になってしかたないのです。







Facebook あり〼
もうひとつは、TVです。

4月2日、22:00よりBS-TBSにて「謎解き!江戸のススメ」がスタート。
第一回目は「富士山」です。
「富士山信仰の裏に家康のある野望が見え隠れ!?焼失した江戸城と富士山の関係とは……」という内容。
富士塚も登場します。私もちょこっと出る予定。








Facebook あり〼
東国分富士の途中ですが、
メディアネタを2連発。
ひとつめは、



3月21日発売の「散歩の達人」にちょこっと掲載。





Facebook あり〼


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
最新CM
[04/04 WillieCed]
[04/03 RichardRuise]
[04/03 KeithPex]
[04/02 Robertimmit]
[04/02 RubenPat]
[04/02 pinhupbrg]
[04/02 Kennethbor]
[04/02 ShaunCef]
[04/02 Williamscese]
[04/01 JasonBax]
[04/01 CarolDoort]
[04/01 Marlingow]
[03/31 LutherSon]
[03/31 AndrewSom]
[03/31 JustinTax]
[03/31 KeithPex]
[03/31 vsemebeilm]
[03/31 muxgbkttc]
[03/29 skorneSeaws]
[03/28 myxbtjque]
[03/28 Frankdiz]
[03/27 BobbyTem]
[03/27 TerryNaice]
[03/27 クロムハーツ スウェット スーパーコピー]
[03/26 GeorgeRah]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

y♡k♡◆ris◆k◆.◆rtist★gm◆il.c♡m
(♡をoに◆をaに★を@に変えて
入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains