▲「富士塚」だけで日記が書けます♪▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
「富士山を世界遺産に」という動きがあるのはよく知られています。



以前私は、富士山を世界遺産にする意義がピンとこなかったのですが、
自然遺産でなく、文化遺産ということならよくわかります。

文化遺産登録に向けてのアピールは、
「信仰の対象、芸術の源泉となった名山」です。

信仰と芸術。
その美もさることながら、
富士山は古から日本人にとってかけがえのない存在だった。
ってことですね。

そこで、陰ながら支える富士塚も重要です。
富士山が文化遺産に値する、信仰の証拠となるわけで。

関東各地にできた数多くの富士塚は、富士山の裾野とも
言えるのではないでしょうか。

さて、
「富士山を世界遺産にする国民会議」というサイトの中に、
223マガジンのコーナーがあります。



2/10の記事は、

前著「ご近所富士山の『謎』」を取り上げてくださいました。←Click!


医療機関に配布される業界誌に「あさひview」があります。
1・2月号は、富士山特集が組まれました。



富士塚と私についても、紹介していただきました。
ステキな文章と仕上がりに感謝でございます♪



新聞つながりで、少し前のものから。

ちょうど2か月前の産経新聞に、
「都心で楽しむミニ行楽地 超低山と富士塚が人気」
という記事が出てました。

私は後日、その切り抜きを目にしたのですが、
WEB版がこれ。
富士塚と私のことも下のほうに掲載されています。



この頃、近刊のタイトルは
「富士塚のステキがとまらない!」となっていますが。。。

2週間後に発売の正式タイトルは
「富士塚ゆる散歩 古くて新しいお江戸パワースポット」
であります。講談社より。
【NIE】って御存知ですか?

【newspaper in education】の頭文字を取ってNIEです。
つまり、新聞記事を教育の現場で教材にしましょうというプログラムです。
NIEの歴史は長いですが、昨今、読売新聞でもよく特集が組まれています。

今週、富士山特集が掲載されました。
キッズにとっても、富士山の歴史はいい教材になりますね。



特に、日本人にとって富士山にまつわる歴史や信仰は学ぶことが
たくさんあります。

富士塚とキッズの記事は下↓のとおり。
私もちょこっとコメントさせていただきました。



こんなポーズはしていませんけどね(笑)。



4月22日(金)の10pm〜の「たけしのニッポンのミカタ!」12chで、
ちょこっとだけ、私がいくつかの富士塚を歩き回っております。

こんなコトバを発しているかもしれません。
私にとって「富士塚は○○○である!」

ナゼそう思うのかは、番組内では詳らかにしておりません。
詳しくは、もう少ししたら講談社から出る次の富士塚本に書きました。

だんだん自分の中で、Focusできるようになってきました。
どうぞヨロシク!
山梨の友人から、
「今月7日の『山梨日日新聞』に、有坂さんの本のこと出てましたよ」
とお知らせいただいたので、Web版をのぞいてみました。



ありがたいです。
それよりも東京スカイツリーのライティングのことが出ていて。。。

「現代版の巨大な富士塚」ですと???
よくイメージがわからなかったので、スカイツリーのサイトにアクセスしてみました。

へえ〜!知りませんでした。

引用してみると、

「■光の冠雪
 タワー頂部の光と二つの展望台を挟んで
 鉄骨構造体を照らす光が、タワーの裾野に
 向かってグラデーションを描き地面に
 溶け込んでいく様子は、江戸の原風景である
 富士山が雪を頂いた姿を重ねています」

ライトアップの予想図を見てもよくわかりませんが、
今はまあ、イメージありきで充分です。
来年には、そこにナイト富士が立つってことですから、
楽しみにしていましょう。

空中富士塚ですね!


『東京新聞ほっとWeb』
というサイトがあります。情報が盛りたくさん!

その中の、『東京体験レポート』では、女優の秋田真琴さんがいろんなところをめぐってます。
今回のvol.22は東京の富士塚めぐり。



美しい人がレポートすると、やはりいい記事になりますね〜♪
画像も綺麗だし、レポートも印象的。

ちょっとうれしかったのが、



こんなプレゼントがありました。まだ応募できますよ(笑)。
告知デス!



スカパーやケーブルTVなどで見られる、CS放送の「MONDO21」というチャンネルがあります。



その中に、日本の《異空間》を紹介する探検番組「ワンダーJAPAN TV」てのがあります。

日常の中に、コツゼンと姿を現すワンダースポットは、秘密基地か極楽か。
時にはパワースポットでもあり、異郷への入口として手招きをする。

来たる9月29日は、東京の富士塚をめぐります〜。

はい。私とね♪

さあ、どんな感じになっているでしょうか〜。

こちらの→告知もドゾ。

★本放送は:9月29日 24:00 〜 24:30 (まよなか)
★再放送は:9月30日 09:30 〜 10:00 (あさ)

 デス。
「ヨーコさんの本のことが朝日新聞に出てるよ〜」



27日の朝、友人からメールが届きました。
残念ながら東京版にしか出ていなかったので、スキャンして送ってもらいました。

「ご近所富士山の『謎』も人気だし。。。」
とは嬉しいです♪ 富士山に感謝。富士塚をつくった人に感謝。富士塚に興味を持ってくださった方に感謝。サポートしてくださった方に感謝。本を読んでくださった方に感謝。出会った方に感謝。

今年は「(私が)富士山の神界から『早く来なさい』と呼ばれているという場所」に、行くことになりました。(詳細は後日)


カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
リンク
カテゴリー
最新CM
[12/10 芙蓉庵]
[12/05 槇田きこり但人]
[06/22 nobuting]
[06/22 芙蓉庵]
[06/21 nobuting]
[03/14 芙蓉庵]
[03/11 武本Timothy]
[02/23 芙蓉庵]
[02/22 エバポリタン]
[09/06 芙蓉庵]
[09/04 ひさ]
[07/15 芙蓉庵]
[07/14 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[07/08 王若冲(オウ ジャクチュウ)]
[09/19 芙蓉庵]
[09/18 芙蓉庵]
[09/13 柴犬ラン]
[09/07 大林正樹]
[07/21 芙蓉庵]
[07/21 ひさ]
[06/11 芙蓉庵]
[06/09 MASA]
[05/04 富士北麓]
[05/03 芙蓉庵]
[05/03 富士北麓]
プロフィール
HN:
芙蓉庵 (Yoko Arisaka)
性別:
女性
自己紹介:
▼▼▼【富士塚】とは▼▼▼
…………………………………
富士山に登りたくても登れな
い人たちの為に、江戸時代に
関東各地に造られた「人造富
士山」のこと▲です。富士山
を信仰する▲▲▲富士講によ
るもので▲▲▲▲▲したが、
地元に▲▲▲▲▲▲▲ミニチ
ュア▲▲▲▲▲▲▲▲▲の富
士山が出来たことで、多くの
人が登山でき、大流行しまし
た。民衆のパワーですね♪♪
富士山の溶岩をのせ、一合目
から頂上まで登れるようにな
っています。意外なところに
ひっそりたたずんでますよ。
…………………………………

▼▼▼【芙蓉庵】とは▼▼▼
…………………………………
美しい作品も好きだけど、コ
ンセプトありきで表現するこ
とに喜びを感じるビジュツ家。
表現形態はこだわりません。
現在、富士塚のコンセプトに
インスパイアされ、色々な媒
体で表現。著書の【ご近所富
士山の謎】【富士塚ゆる散歩】
も、私にとっては作品です。
なぜ富士塚か……それは、海
外生活での体験から。詳しく
は本のあとがきに記してあり
ます。

★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせ、ご連絡は↓

fuyo-ann★abox3.so-net.ne.jp
(★を@に変えて入力して下さい)

★★★★★★★★★★★★★

掲載の写真・イラスト・文章等の
無断使用・転載は御遠慮下さい

★★★★★★★★★★★★★
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
mountains